クラウド移行

クラウド移行の隠れた注意ポイントは「運用」にあり?!

システムを開発、改修する際には、要件を整理する必要があります。「クラウド移行ありき」でプロジェクトを進めても、思ったような成果が得られないリスクがあるからです。要件の整理には、文章をまとめるときにいわれる「5W1H」の考え方を使うといいでしょう。

続きを読む

企業システムのクラウド化の現状と4つのメリット

「クラウド」というと、何を思い浮かべるでしょうか。個人の感覚で言えば、DropboxやGoogle Drive、One Driveのようなクラウドストレージサービスがイメージされることが多いでしょう。オンラインで利用できるストレージ(外部記憶装置)として、場所や端末を問わずにクラウド上に保存した情報にアクセスできるメリットは多くの方が感じているでしょう。

それでは、企業の立場でクラウドについて考えてみると、どのようなイメージが湧くでしょうか。

続きを読む

金融機関が基幹システムの冗長化対応で選択した「縁の下の力持ち」とは(後編)

>>インタビュー前編から読む

設計通りに切り替えが実行される安心感

大和総研で標準的に使用するクラスターソフトとしてLifeKeeperを選定したのは、2016年のこと。その後1年ほどの期間をかけて、標準化をするための設計を行った。

大和総研 システムマネジメント本部 オープンシステム開発第一部 次長 菊池洋平氏

大和総研
システムマネジメント本部
オープンシステム開発第一部 次長
菊池洋平氏

実際には並行して実装が始まり、2016年末ごろから標準設計に基づいて構築したLifeKeeperが稼働を始めている。オープンシステム開発第一部 次長の菊池洋平氏は「標準化される前から、いくつかのシステムでクラスターソフトとしてLifeKeeperが導入されていました。標準化にはコストがかかるため、需要が一定以上見込めると判断してから標準化を進めることになり、このタイミングに完了したというのが実情です」と当時の状況を説明する。

続きを読む

金融機関が基幹システムの冗長化対応で選択した「縁の下の力持ち」とは(前編)

「万が一の障害のときにサービスの停止をできるだけ短く」――これは企業や団体の情報システムにかかわる人たちすべてに共通する思いだろう。中でも、金融機関のインフラを担うシステムでは、そのハードルが一段と高くなる。大和証券グループのシステム開発から運用までを手がける大和総研でも、その意識は当然のことながら非常に高い。

続きを読む

SAP HANAに最適化されたCUVICmc2とLifeKeeperとの連携

みなさん、こんにちは。西下です。
本格的な寒さが続きますね。当記事の執筆時点はまだ雪は降っていませんが、今年は果たして降るのでしょうか?昨年は結構降った日があり、雪に弱い首都圏の帰宅を直撃して大変でしたね。その日私は遅く帰る方にヤマを張り、仕事を必要以上に片付けてから帰宅しましたが正解でした。最近はリアルタイムに混雑情報が入ってくるので便利ですよね。

さてSAPの分野では、2025年で保守切れとなるSAP ERPは後継のS/4 HANAへの移行が加速しています。S/4 HANAではデータベースがHANAに限定されます。

なお、当社のHAクラスターソフトのLifeKeeper for Linuxは、SAP HANAに対応しており、既に複数の検証実積や導入実績があります。

SAP_button

続きを読む