S/4HANA

【3分で読める】SAP障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

概念図(データレプリケーション)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの障害対策のトレンドについて、クラウド移行が増えているというお話と、クラウド環境は利用者が意識しなければ、障害対策は十分とは言えないお話をさせていただきました。

今回からシリーズ企画として、SAP・JP1・HULFTの観点でもう少し掘り下げた対策についてお話させていただきます。

基幹系システムの代表格であるSAPは、受発注や生産管理などの多くの止められない業務システムとして運用されています。

最近多いのが、システム移行の際にオンプレからクラウドに移行してしまおうという動きです。この時の注意点については前回お話させていただきました。

今回は当社のSAP向けの高可用性ソリューションについて掘り下げてお話させていただきます。

続きを読む

SIOS Protection Suite Linux v9 EEによるSAP HANAのHA化

サイオステクノロジーは、2017年3月7日にSAP ERP、 S/4HANA向けのHAクラスターソフトウエアパッケージ”SIOS Protection Suite Linux v9 EE(SPS-EE)”を発表しました。このパッケージを使用すれば、
・SAPの”NetWeaver”環境のHA化や、
・従来のERPで使用しているOracleやDB2等のデータベースのHA化の為の各Application Recovery Kit(ARK)が使用できることに加え、
・SAP HANAの監視と障害時の自動復旧
を実現する”SAP HANA Recover Kit”も利用することができます。

サイオステクノロジーが提供するSAP向けの高可用性ソリューションの全体像はこちらをご参照ください。

SAP HANAの高可用性と災害復旧対応の仕組みとしては、
・自動フェールオーバー
・システムレプリケーション
・ストレージレプリケーション

というオプションがありますが、SPS-EEとSAP HANA Recover Kitが提供する機能とは、
・システムレプリケーション環境を構成したHANAのコンポーネントの状態監視と
・障害発生時の自動復旧
となります。

(システムレプリケーション構成のSAP HANAには、文字通りレプリケーションの機能はありますが、障害発生時の自動復旧や切り替え機能はありません。)

今回は、SAP HANA Recovery Kitが提供する監視機能と起動処理、停止処理について解説します。

続きを読む

SAP S/4HANAに最適化。巨大基幹システムを支えるマイクロソフト“SAP on Azure”の優位性(後編)

Ms.Ieda and Mr.Inoue in front of Microsoft entrance

前編から読む

SAP製品がS/4HANAへとシフトするなか、S/4HANAならではのシステム要件に応える”SAP on Azure”の強みと展望とは?

日本マイクロソフト株式会社グローバル ブラックベルト セールス部のテクノロジーソリューションズプロフェショナルである家田恵氏、Azure Enterprise技術部のクラウドソリューションアーキテクトである井上和英氏に、さらに詳しく伺います。

続きを読む

SAP S/4HANAに最適化。巨大基幹システムを支えるマイクロソフト“SAP on Azure”の優位性(前編)

Ms.Ieda

基幹システムをクラウドへ移行する企業が増えています。SAP製品が今後S/4HANAへとシフトするなか、クラウドベンダーが提供する環境やサービスも、よりユーザーの要望するものへと変化してきています。マイクロソフト社が注力する、SAP S/4HANAならではのシステム要件に応える”SAP on Azure”の強みと展望とは?同社グローバル ブラックベルト セールス部のテクノロジーソリューションズプロフェショナルである家田恵氏、Azure Enterprise技術部のクラウドソリューションアーキテクトである井上和英氏に、お話をうかがいました。

続きを読む

エンタープライズDBMS環境としてのAzureの優位性(後編)

前編から読む

Mr.Aoki Azureの優位性と目指すサービスについて伺ってきたインタビュー後編では、PaaSとしてのAzureの強みや、Oracle、SQL Serverの移行、ユーザー目線でのDBMS環境選択のポイントから、スケールの大きな新サービスのお話しまで、盛りだくさんの内容です。

 引き続き、マイクロソフト社クラウド&エンタープライズビジネス本部、エグゼクティブプロダクトマネジャーである青木卓氏、同クラウド プラットフォーム製品マーケティング部の部長である斎藤泰行氏に伺います。

続きを読む