SANLess Clusters

日立製作所様の正式サポート開始!
Windows版JP1/AJS3のAzure上でのHAクラスタ構成

みなさん、こんにちは。西下です。

当ブログの2019年1月15日の記事にて、以下をご紹介いたしました。

(「Microsoft Tech Summit 2018」にて、)
マイクロソフト様と日立製作所様との共同発表として、Windows版のJP1をAzure上で冗長化する構成が発表されました。HAクラスタ構成は当社ソリューションのWSFC(Windows Server Failover Clustering)+DKCE(DataKeeper for Windows Cluster Edition)の組み合わせです。
https://bcblog.sios.jp/mstechsummit2018-winjp1/

ここで発表された構成が、今年1月にリリースされたJP1 Version 12にて、ついに正式サポートされました。

続きを読む

Windows版のJP1をAzure上で冗長化する構成が発表されました

みなさん、こんにちは。西下です。
今回はWindows版のJP1をAzure上で冗長化する構成についてご紹介します。

Microsoft Tech Summit 2018

2018年11月5日(月)から11月7日(水)にかけて、マイクロソフト様のテクニカルカンファレンス「Microsoft Tech Summit 2018」が東京・芝公園で開催されました。3日間で190を超えるセッションが提供され、多くの方がご覧になられたかと思います。

続きを読む

SQL Server/Windows Server 2008 の延長サポートがまもなく終了!さあどうする?

こんにちは、マーケティング担当の及川です。
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

みなさまが業務でお使いのシステムで現在もWindows Server 2008 / 2008R2 で稼働中のものがありますか?調査会社の発表によると2018年1月時点で約54万台のWindows Server 2008 / 2008 R2があるとのことでした。しかしながら、これらに対するマイクロソフトのサポートが終了するのです。

SQL ServerのAzure環境での安定運用を実現できるノウハウ資料!
資料ダウンロードはこちら 

続きを読む

SQL Server 2016時代のSANLess Clustersの価値とは? 〜制約無くシンプルで、コストパフォーマンスの高いSQL Serverの冗長化手法〜

4つのパターン

昨年、「SQL Server環境で高可用性を実現する7つのポイント」と題した記事で、SQL ServerのEditionごとに異なる可用性の考え方を7つのポイントで比較してご紹介しました。
今回は、SQL Server 2016からStandard Edition でも「Always On可用性グループ(AG)」機能が利用できるようになった事によりSIOSの「SANLess Clusters」の利用価値を改めて考えてみたいと思います。

続きを読む

Azure上に構成したSANLess Clusters構成の運用 – Azure Site Recovery編

前編、後編の検証概念図

こんにちは。
サイオステクノロジー國政です。プリセールスを担当しております。

Azure Backup編は弊社が提唱するHAクラスター構成であるSANLess ClustersをAzure上に構成、その後運用に入るまでに考える事柄の一つである障害への備えとしてAzure Backupの有用性を考えてみました。

後編ではもう一つの障害対策としてAzure Backupではなく Azure Site Recoveryを使った場合はどうか、最後にAzure BackupとAzure Site Recoveryの違いなどもSANLess Cluster構成の場合を念頭に考えてみたいと思います。

続きを読む