クラウド移行

【3分で読める】HULFTの障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

HULFT監視

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの第二弾としてSAPに続いてJP1にフォーカスして、当社の高可用性ソリューションについてお伝えいたしました。

今回は14年連続国内シェアNO.1のファイル転送ツールのHULFTにフォーカスしてこれから求められる対策についてご紹介いたします。

続きを読む

【3分で読める】JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1_LK_Linux構成例

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの第一弾としてSAPにフォーカスして、当社の高可用性ソリューションについてお伝えいたしました。

今回は第二弾として、JP1にフォーカスしてこれから求められる対策についてご紹介いたします。

続きを読む

【3分で読める】SAP障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

概念図(データレプリケーション)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの障害対策のトレンドについて、クラウド移行が増えているというお話と、クラウド環境は利用者が意識しなければ、障害対策は十分とは言えないお話をさせていただきました。

今回からシリーズ企画として、SAP・JP1・HULFTの観点でもう少し掘り下げた対策についてお話させていただきます。

基幹系システムの代表格であるSAPは、受発注や生産管理などの多くの止められない業務システムとして運用されています。

最近多いのが、システム移行の際にオンプレからクラウドに移行してしまおうという動きです。この時の注意点については前回お話させていただきました。

今回は当社のSAP向けの高可用性ソリューションについて掘り下げてお話させていただきます。

続きを読む

オンプレミスの基幹データベースを、AWSへの移行を成功させるポイントとは?

CTCーMr.takahashi

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズクラウド技術課 課長
髙橋達矢氏

自社のシステムをクラウドへ移行する企業が増加する中、移行作業の効率化やクラウド上での可用性の確保を求める声が高まっています。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、オンプレミス環境からアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)へのデータベース移行と冗長化を支援すべく、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」を提供しています。

今回は、同社流通・EPビジネス企画室 クラウドインテグレーションビジネス推進部 エンタープライズクラウド技術課課長の髙橋達矢氏、同主任の古川英一氏に、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」の特長と優位性についてお話をうかがいました。

続きを読む

【事例】Spirent社、サイオスの「SANLess Clusters」でAmazon EC2 クラウド上のアプリケーションの高可用性を実現

SpirentSpirent社は、通信分野の試験と測定に関する世界的なリーダー企業で、世界15か国、20拠点で展開しています。また、通信業界向けの革新的なハードウェアとソフトウェアソリューションや、試験方法を開発しています。

同社のIT部門は、効率性を向上し、顧客への最高品質のサービスを維持する方法を常に模索しており、事業をAmazonクラウドに移行することでもたらされる様々な利益を認識していました。

続きを読む