PostgreSQL

PostgreSQL Streaming Replicationの運用を一段階引き上げる方法

こんにちは、LifeKeeperのプリセールスを担当しております國政です。
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。 

先月のデータベースの可用性の考え方のブログで少し触れましたが、今回はPostgreSQLのもつ機能であるStreaming Replicationをより良く使う為にHAクラスターと連携する事で得られるメリットを中心に考えてみましょう。

 

続きを読む

[よくわかる]データベース(DBMS)の可用性の考え方

こんにちは、プリセールスを担当しております國政です。
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

今やビジネス利用のシステムでは無くてはならないデータベースですが、商用製品、OSS製品などいろいろな選択肢がありますが、システムを設計構築する際にはこれらデータベース部分についての可用性を考慮しておく必要があると思います。

ひと括りにデータベースの可用性部分を考えると言ってもその手法は多岐にわたります。具体的には複数台のサーバーを束ねクラスターを構成し、分散手法を用いてパフォーマンスを向上させることによる可用性の向上や、2台のサーバーを準備し、Active/Standby構成のHAクラスターシステムなどが考えられます。
前者の手法では価格が高額になりやすく、後者の場合は切換え時間が多少必要になります。かける費用と設計上のダウンタイムのバランスとしてはHAクラスターが所属するフォールトレジリエント(FR)レベルが最適解と私たちは考えています。

続きを読む

SIOS Protection Suite for Windows v8.6に 新たに追加されたPostgreSQL ARKを利用して PostgreSQL Serverリソースを作成してみた。

postgressql

こんにちは。
サイオステクノロジーの相澤です。LifeKeeperの評価検証業務を担当しています。

SIOS Protection Suite for Windows v8.6(以下 SPS for Win v8.6)がリリースされ、新たにPostgreSQL Server ARKが追加されました。

今回は、Windows Server 2012 R2 + SPS for Win v8.6 を使用した仮想環境で、PostgreSQLの導入及びPostgreSQL Server ARKを用いたリソース作成を実施した内容を、資料にてご紹介しております。

続きを読む

AWS上のLifeKeeper for Linux とPostgreSQLを連携させてみた

フェールオーバー時挙動イメージ

前回、AWS上にLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)を導入したので、今回はその環境にPostgreSQLを導入してみました。

具体的な構成としては、PostgreSQLを各インスタンスに導入し、プライマリ側のデータベース保存領域を共有ファイルシステム領域(”/data”)配下とします。この状態でLifeKeeperへPostgreSQLを登録することでデータベースの冗長化を行いたいと思います。

続きを読む

[Windows]Generic リソースとサンプルスクリプトを使って PostgreSQLをクラスター化する

system-structure1

LifeKeeper for Windowsの機能の一つである Generic リソースを用いて、LifeKeeperでリカバリーキットとして提供されていないアプリケーションを保護することができます。

Generic リソースを作成するためには、保護対象のアプリケーションを制御するためのスクリプトを作成する必要があります。
LifeKeeper for Windows にはWindowsサービスで制御されるアプリケーションをLifeKeeper で制御するためのGeneric リソースのサンプルスクリプトが同梱されており、本サンプルスクリプトを用いることでWindowsサービスにより制御されるアプリケーションをLifeKeeperへ登録することができます。

本稿では、WindowsアプリケーションをLifeKeeper for WindowsでHAクラスター化する例として、PostgreSQLサービスに上述のサンプルスクリプトを用いてHAクラスター化する方法を紹介します。

続きを読む