HULFT

『HULFT』を安心してクラウドへ移行するには?

企業内や企業間のファイル連携ミドルウェアの分野で、圧倒的な国内シェアを誇るHULFT。基幹系システムを中心にあらゆるシステムで採用されているHULFTには高い可用性が求められるため、LifeKeeperによる冗長化も非常に多く採用されています。今回は、HULFTが採用されるシステムの最近の傾向や今後の展望について、株式会社セゾン情報システムズ HULFT事業部 プロダクトマネジメント部部長の石橋千賀子氏と同事業部 セールスエンジニアリング部 第一グループ シニアソリューションエンジニアの福永健一氏にお話を伺いました。

 

【 目次 】
1.『HULFT』の利用シーンとクラスター化状況
2. ミッションクリティカルな基幹系システムにも押し寄せるクラウド化の波
3. クラウド上での可用性確保と『HULFT』の今後

続きを読む

HULFT連携 高可用性ソリューション 最新情報!

みなさん、こんにちは。西下です。

もうすっかり冬本番ですね。私もようやくコートを着て通勤しております。読者の皆様に置かれましては、どうぞ体調にご留意下さいませ。

さて、本日は当社の高可用性ソリューションのHULFT対応のupdate情報をご案内致します。代表的な基幹系システムのHULFTは、24時間止められない運用が求められるため、HAクラスターによる情報要件が非常に多いのが特徴です。今年1年を締めくくる形でupdateをご案内させていただきます。

続きを読む

【3分で読める】基幹系システム向けに当社ソリューションが採用されているワケ

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

これまで連続で基幹系システムの障害対策として、下記の記事をご紹介致しました。

基幹系システムの障害対策のトレンドとこれからの対策(SAP・JP1・HULFT)

SAP障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

HULFTの障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

今回はこれらをもう少し掘り下げて、なぜ多くの基幹系システムで採用されているのかについてご紹介致します。

続きを読む

【3分で読める】HULFTの障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの第二弾としてSAPに続いてJP1にフォーカスして、当社の高可用性ソリューションについてお伝えいたしました。

今回は14年連続国内シェアNO.1のファイル転送ツールのHULFTにフォーカスしてこれから求められる対策についてご紹介いたします。

続きを読む

【3分で読める】基幹系システムの障害対策のトレンドとこれからの対策(SAP・JP1・HULFT)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

長かった冬もようやく春らしくなり、当社の周りでも桜が満開です。春を楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか?

さて、今回は代表的な「基幹系システム」としてSAP・JP1・HULFTを題材にして障害対策のトレンドとこれから求められる対策についてお話させていただきます。

これらの製品に関するお問い合わせも顕著に伸びており、既に多数の実績が出ております。>>導入事例

>>SAPとLifeKeeperの連携ソリューションはこちら
関連資料:SAP向け高可用性ソリューション

>>JP1とLifeKeeperの連携ソリューションはこちら
関連資料:日立統合システム運用管理JP1のクラスター構成ガイド

>>HULFTとLifeKeeperの連携ソリューションはこちら
関連資料:LifeKeeper for Linux HULFT Recovery Kit 管理ガイド

続きを読む