AWS

オンプレミスの基幹データベースを、AWSへの移行を成功させるポイントとは?

CTCーMr.takahashi

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズクラウド技術課 課長
髙橋達矢氏

自社のシステムをクラウドへ移行する企業が増加する中、移行作業の効率化やクラウド上での可用性の確保を求める声が高まっています。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、オンプレミス環境からアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)へのデータベース移行と冗長化を支援すべく、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」を提供しています。

今回は、同社流通・EPビジネス企画室 クラウドインテグレーションビジネス推進部 エンタープライズクラウド技術課課長の髙橋達矢氏、同主任の古川英一氏に、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」の特長と優位性についてお話をうかがいました。

続きを読む

AWS上で、障害発生時にも超短時間で回復が可能なデータベースシステムを実現するには?

mmr基本構成

 データベースのシステムダウンが生む、多大なリスクをご存知でしょうか。ITシステムの中心的存在であるデータベースの停止は、システム全体の停止につながりかねない重大な事態です。アメリカのある調査資料によると、システムが1時間ダウンすると、33パーセントもの企業が100万ドル〜500万ドル以上もの損失に見舞われると報告されています。これを日本円に換算すると1分間でおよそ180万円〜920万円もの金額になるのです。

続きを読む

EC2でSTONITH

database

EC2のSTONITHについてご紹介します。

STONITHとは ”Shoot the Other Node in the Head” の略で、サーバーがクラスターの一部とみなされなくなったときに、そのサーバーを物理的に停止させたり、電源を切断したりする技術です。フェイルオーバーする時に、電源を切断するためのコマンドが呼び出されます。このコマンドは、コンフィグレーションファイル /opt/LifeKeeper/config/stonith.conf で定義され、ユーザが設定する必要があります。ここでは、EC2インスタンスの電源を切断するためのコマンドの作成からSTONITHの設定方法を紹介します。

続きを読む

【事例】Spirent社、サイオスの「SANLess Clusters」でAmazon EC2 クラウド上のアプリケーションの高可用性を実現

SpirentSpirent社は、通信分野の試験と測定に関する世界的なリーダー企業で、世界15か国、20拠点で展開しています。また、通信業界向けの革新的なハードウェアとソフトウェアソリューションや、試験方法を開発しています。

同社のIT部門は、効率性を向上し、顧客への最高品質のサービスを維持する方法を常に模索しており、事業をAmazonクラウドに移行することでもたらされる様々な利益を認識していました。

続きを読む

AWS上のLifeKeeper for Linux とJP1を連携させてみた

環境イメージ

>第1回から読む

前回、AWS上のLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)とHULFTを連携させて、リソース階層に登録された三つのリソースがフェールオーバーされることを確認しました。

今までは専用のRecovery Kitを導入してGUIでリソース階層までを作成しましたが、今回は専用スクリプトを用いて、JP1を冗長化したいと思います。

続きを読む