JP1

日立製作所様の正式サポート開始!
Windows版JP1/AJS3のAzure上でのHAクラスタ構成

jp1_datakeeper_azure

みなさん、こんにちは。西下です。

当ブログの2019年1月15日の記事にて、以下をご紹介いたしました。

(「Microsoft Tech Summit 2018」にて、)
マイクロソフト様と日立製作所様との共同発表として、Windows版のJP1をAzure上で冗長化する構成が発表されました。HAクラスタ構成は当社ソリューションのWSFC(Windows Server Failover Clustering)+DKCE(DataKeeper for Windows Cluster Edition)の組み合わせです。
https://bcblog.sios.jp/mstechsummit2018-winjp1/

ここで発表された構成が、今年1月にリリースされたJP1 Version 12にて、ついに正式サポートされました。

続きを読む

Windows版のJP1をAzure上で冗長化する構成が発表されました

image2

みなさん、こんにちは。西下です。
今回はWindows版のJP1をAzure上で冗長化する構成についてご紹介します。

Microsoft Tech Summit 2018

2018年11月5日(月)から11月7日(水)にかけて、マイクロソフト様のテクニカルカンファレンス「Microsoft Tech Summit 2018」が東京・芝公園で開催されました。3日間で190を超えるセッションが提供され、多くの方がご覧になられたかと思います。

続きを読む

【3分で読める】基幹系システム向けに当社ソリューションが採用されているワケ

LifeKeeperGUI

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

これまで連続で基幹系システムの障害対策として、下記の記事をご紹介致しました。

基幹系システムの障害対策のトレンドとこれからの対策(SAP・JP1・HULFT)

SAP障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

HULFTの障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

今回はこれらをもう少し掘り下げて、なぜ多くの基幹系システムで採用されているのかについてご紹介致します。

続きを読む

【3分で読める】JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1_LK_Linux構成例

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの第一弾としてSAPにフォーカスして、当社の高可用性ソリューションについてお伝えいたしました。

今回は第二弾として、JP1にフォーカスしてこれから求められる対策についてご紹介いたします。

続きを読む

AWS上のLifeKeeper for Linux とJP1を連携させてみた

環境イメージ

前回は、AWS上のLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)とHULFTを連携させて、リソース階層に登録された三つのリソースがフェールオーバーされることを確認しました。

これらは専用のRecovery Kitを導入してGUIでリソース階層までを作成しましたが、今回は専用スクリプトを用いて、JP1を冗長化したいと思います。

>前回から読む

 具体的には、JP1/Base(以降、Baseと記載)、JP1/AJS(以降、AJSと記載)を各インスタンスに導入し、共有ファイルシステム配下を指定した論理ホストを作成します。

続きを読む