WSFC

SQL Server環境で高可用性を実現する 7つのポイント

3pettern-windows-ha-structure

SQL Serverの高可用性を実現するなら、SQL Serverの機能であるAlwaysOn Availability Group(以後、AlwaysOn 可用性グループ)、またはAlwaysOn Failover Cluster Instance(以後、AlwaysOn FCI)のいずれかの利用を検討することになるでしょう。

さらに、AlwaysOn FCIを使用する場合には、サイオスのレプリケーション・ソフトウェア DataKeeper Cluster Edition(以後、DKCE)と組み合わせることで、更に多様な機能・コスト面でのニーズに対応することができるようになります。

ここでは、3つの構成パターンを、7つのポイントで比較していきます。ニーズに合わせた方法をご検討ください。

続きを読む

SQL Server 2016時代のSANLess Clustersの価値とは? 〜制約無くシンプルで、コストパフォーマンスの高いSQL Serverの冗長化手法〜

4つのパターン

昨年、「SQL Server環境で高可用性を実現する7つのポイント」と題した記事で、SQL ServerのEditionごとに異なる可用性の考え方を7つのポイントで比較してご紹介しました。
今回は、SQL Server 2016からStandard Edition でも「Always On可用性グループ(AG)」機能が利用できるようになった事によりSIOSの「SANLess Clusters」の利用価値を改めて考えてみたいと思います。

続きを読む

【3分で読める】基幹系システム向けに当社ソリューションが採用されているワケ

LifeKeeperGUI

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

これまで連続で基幹系システムの障害対策として、下記の記事をご紹介致しました。

基幹系システムの障害対策のトレンドとこれからの対策(SAP・JP1・HULFT)

SAP障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

HULFTの障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

今回はこれらをもう少し掘り下げて、なぜ多くの基幹系システムで採用されているのかについてご紹介致します。

続きを読む

【3分で読める】HULFTの障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

HULFT監視

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの第二弾としてSAPに続いてJP1にフォーカスして、当社の高可用性ソリューションについてお伝えいたしました。

今回は14年連続国内シェアNO.1のファイル転送ツールのHULFTにフォーカスしてこれから求められる対策についてご紹介いたします。

続きを読む

【3分で読める】JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1_LK_Linux構成例

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの第一弾としてSAPにフォーカスして、当社の高可用性ソリューションについてお伝えいたしました。

今回は第二弾として、JP1にフォーカスしてこれから求められる対策についてご紹介いたします。

続きを読む