SQL Server 2016時代のSANLess Clustersの価値とは? 〜制約無くシンプルで、コストパフォーマンスの高いSQL Serverの冗長化手法〜

4つのパターン

昨年、「SQL Server環境で高可用性を実現する7つのポイント」と題した記事で、SQL ServerのEditionごとに異なる可用性の考え方を7つのポイントで比較してご紹介しました。
今回は、SQL Server 2016からStandard Edition でも「Always On可用性グループ(AG)」機能が利用できるようになった事によりSIOSの「SANLess Clusters」の利用価値を改めて考えてみたいと思います。

続きを読む

「働き方改革」を促進!フレキシブルでセキュアなオフィス環境を実現する「データレスPCTM

YRL Mr.Ito

横河レンタ・リース
ソリューション&サービス推進部ビジネス推進課 
課長 伊藤蔵人氏

場所を問わず、柔軟な働き方を実現するソリューション「Flex Work Place」を提供し、企業の「働き方改革」を推進している横河レンタ・リース。

今回は、同社営業統括本部、ソリューション&サービス推進部ビジネス推進課 課長の伊藤蔵人氏、システムエンジニアの高橋利享氏に、同社ソリューションの魅力とサイオス製品との協業についてお話を伺いました。

続きを読む

EC2でSTONITH

database

EC2のSTONITHについてご紹介します。

STONITHとは ”Shoot the Other Node in the Head” の略で、サーバーがクラスターの一部とみなされなくなったときに、そのサーバーを物理的に停止させたり、電源を切断したりする技術です。フェイルオーバーする時に、電源を切断するためのコマンドが呼び出されます。このコマンドは、コンフィグレーションファイル /opt/LifeKeeper/config/stonith.conf で定義され、ユーザが設定する必要があります。ここでは、EC2インスタンスの電源を切断するためのコマンドの作成からSTONITHの設定方法を紹介します。

続きを読む

SIOS Protection Suite Linux EE の SAP ARK を用いて SAP NetWeaver のクラスター環境を構築してみた

NetWeaver-HASAPのクラウド移行が加速している現状は、本ブログでも外部の複数の有識者へのインタビューを通して紹介してきました。

従来のERPからS4/HANAへの移行も今後加速することが予測され、S4/HANAで必須となるインメモリーデータベースであるSAP HANAの高可用性をどう実現できるのかに関する記事も公開しました。

今回は、SAP ERPを語るときに切り離せない基盤である「SAP NetWeaver」のクラスター環境構築を取り上げます。

続きを読む

全てを「透過的に」管理、ニュータニックスが目指すHCIの未来

Nutanix Japan

次世代の仮想化インフラとして注目を集め、近年市場が急速に拡大しているハイパーコンバージドインフラストラクチャ(Hyper Converged Infrastructure:HCI)。
今回は、ハイパーコンバージド分野のリーディングカンパニーであるニュータニックス・ジャパン合同会社のSystems Engineering Director露峰光氏、同社シニアソリューションアーキテクトの鈴木孝規氏にお話をうかがいました。

続きを読む