【3分で読める】JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1_LK_Linux構成例

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの第一弾としてSAPにフォーカスして、当社の高可用性ソリューションについてお伝えいたしました。

今回は第二弾として、JP1にフォーカスしてこれから求められる対策についてご紹介いたします。

続きを読む

【3分で読める】SAP障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

概念図(データレプリケーション)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

前回は基幹系システムの障害対策のトレンドについて、クラウド移行が増えているというお話と、クラウド環境は利用者が意識しなければ、障害対策は十分とは言えないお話をさせていただきました。

今回からシリーズ企画として、SAP・JP1・HULFTの観点でもう少し掘り下げた対策についてお話させていただきます。

基幹系システムの代表格であるSAPは、受発注や生産管理などの多くの止められない業務システムとして運用されています。

最近多いのが、システム移行の際にオンプレからクラウドに移行してしまおうという動きです。この時の注意点については前回お話させていただきました。

今回は当社のSAP向けの高可用性ソリューションについて掘り下げてお話させていただきます。

続きを読む

【3分で読める】基幹系システムの障害対策のトレンドとこれからの対策(SAP・JP1・HULFT)

投資額とサービス再開までにかかる時間

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

長かった冬もようやく春らしくなり、当社の周りでも桜が満開です。春を楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか?

さて、今回は代表的な「基幹系システム」としてSAP・JP1・HULFTを題材にして障害対策のトレンドとこれから求められる対策についてお話させていただきます。

これらの製品に関するお問い合わせも顕著に伸びており、既に多数の実績が出ております。>>導入事例

続きを読む

AWS環境の可用性の現実と解決策について

image1

みなさんこんにちは。東日本担当のプリセールスの西下(にしした)です。
(「西の國政(くにまさ)・東の西下」と覚えてくださいね。)
近頃日が落ちるのも早くなり、寒さも真冬っぽくなってきましたね。皆様もどうぞ体調にご留意下さいませ。

さて、当ブログではこれまで「クラウド環境の可用性(=システムの継続稼動能力)の現実」「なぜクラウド環境でHAクラスターが必要なのか?」といった記事を複数公開してきました。
>>クラウドと可用性 – クラウド環境の可用性を信じていいのか?

当社では長年クラウドの可用性に取り組んでおり、お陰様で多くのお客様に当社のHAソリューションが認知され、数多くのクラウド案件の導入実績があります。
>>導入事例

今回はクラウド案件の中でも人気をAzureと二分するAWSに焦点を当てて、2回に分けてお話させていただきます。

続きを読む