レプリケーション

レプリケーションとは?バックアップと何が違う?

すべての企業において、ビジネスのITシステム依存が高まりつつある今日。障害発生に備えた冗長化で、システム自体の可用性を高めつつデータロストを回避する手段として、レプリケーションを導入する企業が増えています。複製(レプリカ)の作成を意味するレプリケーションですが、古くからあるバックアップとは何が違うのか?

メリットやデメリットのほか、効率的に冗長化を実現する方法などについて解説します。

続きを読む

SAP HANAこそHAクラスターが必要というお話

みなさん、こんにちは。西下です。

最近SAP案件で多いのが、HANAのデータベースのみをLifeKeeperで冗長化させたいというご要件です。もちろん、ASCSやERSといったNetWeaverに合わせてHANAを冗長化させたいというご要件も以前から多いのですが、HANA単体のご要件の増加が著しいです。

そこで今回はSAP HANAの冗長化でLifeKeeperを使うメリットについてご説明いたします。

続きを読む

【事例】地域の中核病院で、電子カルテのデータ保護と災害復旧環境を実現

 医療機関の災害対策については、阪神・淡路大震災の後、当時の厚生省健康政策局から各都道府県に向けた通知1や、災害対応マニュアル作成手引2が示されていました。

 しかし、平成23年の東日本大震災では、広域におよぶインフラの破綻によって多くの病院施設で「想定外」の事態が起こり、業務が滞ったのは記憶に残るところです。

 医療機関が災害時に期待されることは、病院機能を維持した上で、被災患者を含めた全ての患者診療を継続することです。そのため、医療機関のシステムは、病院機能の損失を最小限にとどめて早急に復旧させること、継続的に被災者の診療にあたれるような事業継続計画(BCP)を考慮しなければなりません。

今回は、地域の中核病院で、患者の診療記録を電子データとして管理する重要な病院システムの一つ、電子カルテシステムの可用性の担保と同時に、データ保護も実現した、米国のソリューション事例をご紹介します。

病院ITチームの要求する信頼性と堅牢性を、サイオスはどのように満たしたのでしょうか?

続きを読む