AWS

ルートテーブルシナリオの実際の構築手順(LifeKeeperの設定編)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本担当のプリセールスの西下(にしした)です。

前回のブログ記事ではAmazon EC2向けのLinux版のLifeKeeperによるHAクラスター構成の1つの「ルートテーブルシナリオ」の準備としてAWS側の設定手順をご紹介し、インスタンスを作成し踏み台のWindowsサーバーの接続の手順まで進めました。

今回はいよいよLifeKeeperの導入および設定手順をご紹介します。できるだけ最小限の手順で構成しました。

実際の構築手順(AWSの設定編)

・ 実際の構築手順(LifeKeeperの設定編) ←今回

・ 実際の構築手順(保護対象のソフトウェアの設定編)

続きを読む

ルートテーブルシナリオの実際の構築手順(AWSの設定編)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本担当のプリセールスの西下(にしした)です。

前回のブログではAmazon EC2向けのLinux版のLifeKeeperによるHAクラスタ構成の1つの「ルートテーブルシナリオ」の仕組みをご紹介しました。今回からは実際の構築手順を3回に分けてご紹介します。できるだけ最小限の手順で構成しました。

・ 実際の構築手順(AWSの設定編) ←今回

・ 実際の構築手順(LifeKeeperの設定編)

・ 実際の構築手順(保護対象のソフトウェアの設定編)

続きを読む

「ルートテーブルシナリオ」によるEC2のHAクラスター構成

はじめに

みなさんこんにちは。東日本担当のプリセールスの西下(にしした)です。

以前のブログ記事ではAWSをはじめとしたクラウド環境の可用性の現実と対策法として当社のHAクラスターソリューション(LifeKeeperDataKeeper)をご紹介しました。

今回はLinux版のLifeKeeperとDataKeeperを使ったAmazon EC2のHAクラスター構成についてご紹介致します。更に次回からは、実際の構築手順を詳しくご紹介致しますのでご期待ください。

続きを読む

AWS環境における可用性・耐障害性実現の考え方とは?

この記事ではクラウド案件の中でも人気をAzureと二分するAWSに焦点を当てて、AWS環境における高可用性・耐障害性の実現方法について考えていきたいと思います。

なお今回は、HAソリューションやAWSの環境に詳しくない方でもスムーズに読み進められるように、各構成や手順については省略せず、細かく記した上で「なぜその手順が必要なのか?」「バックでどのように動いているのか?」「やってしまいがちな失敗」を多く記載しています。

実際に構築されない方でも、当記事を参考にすることで、HAソリューションによるAWSの可用性向上を短時間で理解できるでしょう。この記事を参考にしつつ、ぜひAWSのフリーアカウントを作って手順を試してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

オンプレミスの基幹データベースを、AWSへの移行を成功させるポイントとは?

CTCーMr.takahashi

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズクラウド技術課 課長
髙橋達矢氏

自社のシステムをクラウドへ移行する企業が増加する中、移行作業の効率化やクラウド上での可用性の確保を求める声が高まっています。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、オンプレミス環境からアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)へのデータベース移行と冗長化を支援すべく、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」を提供しています。

今回は、同社流通・EPビジネス企画室 クラウドインテグレーションビジネス推進部 エンタープライズクラウド技術課課長の髙橋達矢氏、同主任の古川英一氏に、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」の特長と優位性についてお話をうかがいました。

続きを読む