事例

金融機関が基幹システムの冗長化対応で選択した「縁の下の力持ち」とは(前編)

「万が一の障害のときにサービスの停止をできるだけ短く」――これは企業や団体の情報システムにかかわる人たちすべてに共通する思いだろう。中でも、金融機関のインフラを担うシステムでは、そのハードルが一段と高くなる。大和証券グループのシステム開発から運用までを手がける大和総研でも、その意識は当然のことながら非常に高い。

続きを読む

【事例紹介:金融】NTTデータ先端技術株式会社様での構築事例

こんにちは、LifeKeeperのプリセールスを担当しております國政です。
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

 
今回は、単体サーバー上での障害復旧ソフトウェア『LifeKeeper Single Server Protection(以下SSP) 』の導入を実施頂きました当社SI&サポートパートナー様であるNTTデータ先端技術株式会社様へ訪問しITアウトソーシング事業部とプラットフォーム事業部にてお話を伺いました。

 

案件の背景

NTTデータ先端技術株式会社様の方で、金融関係のお客様の基盤に対するコンサルティング業務を受注した。コンサルティング業務の中においてパブリッククラウドへの移行も視野にあったが、お客様要件を確認していく中で、仮想環境を基本としたプライベート基盤で構築することとなった。

続きを読む

【3分で読める】基幹系システム向けに当社ソリューションが採用されているワケ

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

これまで連続で基幹系システムの障害対策として、下記の記事をご紹介致しました。

基幹系システムの障害対策のトレンドとこれからの対策(SAP・JP1・HULFT)

SAP障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

JP1の障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

HULFTの障害対策のトレンドとこれから求められる対策とは?

今回はこれらをもう少し掘り下げて、なぜ多くの基幹系システムで採用されているのかについてご紹介致します。

続きを読む

【事例】Spirent社、サイオスの「SANLess Clusters」でAmazon EC2 クラウド上のアプリケーションの高可用性を実現

SpirentSpirent社は、通信分野の試験と測定に関する世界的なリーダー企業で、世界15か国、20拠点で展開しています。また、通信業界向けの革新的なハードウェアとソフトウェアソリューションや、試験方法を開発しています。

同社のIT部門は、効率性を向上し、顧客への最高品質のサービスを維持する方法を常に模索しており、事業をAmazonクラウドに移行することでもたらされる様々な利益を認識していました。

続きを読む

【事例】AWS EC2とSANLess Clustersで、ビジネスクリティカルな SQL サーバーのディザスター・リカバリー環境を構築

epicure

カナダの大手直販会社である Epicure は、1万6,000人を超えるコンサルタントのネットワークを通して、ヘルシーかつすぐに食べられる食品を販売しています。同社はビジネスの運営に、2つのWebサイトを構築/運用しています。

1つは外部公開用Webサイトで、顧客、およびコンサルタントになってみたいと思う人々に対して、会社と製品に関する情報、レシピ、ブログ等の情報を提供しています。もう1つは社内向けWebサイトで、製品に関する重要な情報をコンサルタントに提供するとともに、すべての発注処理ができるようになっています。

「当社のWebサイトは、当社のビジネスにまさに不可欠です!」と、シニア・ネットワーク・インフラストラクチャー・アドミニストレーターの Russell Born 氏は言い切っています。

続きを読む