DRBDのパフォーマンス

    「DRBDとは?」に続き、DRBDのパフォーマンスや影響する要素について解説します。

     

     

    パフォーマンス

    DRBDは、デフォルト設定でも非常に高いパフォーマンスが出るようにパッケージングされています。

    しかし、設定値やハードウェアによってパフォーマンスが向上することもあれば、逆に低下してしまうこともあります。

    ここでは、DRBDのパフォーマンスに影響する要素についてのアウトラインを紹介します。

    ネットワークカード

    使用するネットワークカードは、十分パフォーマンスが出るものを使用します。
    同じ1Gbps に対応しているネットワークカードでも、メーカーや製品によって出せる速度に差が生じます。

    また、搭載されているストレージの速度が高速でも、DRBDはネットワークを通じて同期を取るソフトウェアですので、ネットワークが遅ければハードウェアの性能とは関係なくパフォーマンスが低下してしまいます。

    例えば1Gbpsのネットワークで同期しているDRBDのストレージは、書き込みの速度の上限は約100MB/secになります。

    CPUとメモリ

    DRBDは、ソフトウェア的にデバイスをエミュレーションしているソフトウェアです。そのためCPUやメモリを使用します。

    最近のサーバのCPUは十分高速で、メモリ容量にも余裕があるため、ほとんど影響を考慮する必要はありません。

    SATAのようにストレージI/Oの処理をCPUが行うシステムではなく、RAIDカードなどのインターフェースを経由してアクセスする製品を使用すれば、パフォーマンスは向上します。

    ストレージのI/Oスピード

    現在では、10Gbpsのネットワークカードが広く普及し、40/100Gbpsのネットワークカードも出てきました。ネットワークが早くてもDRBDが同期をとりながら動作している以上、物理的に書き込みをするストレージが遅ければ、その分パフォーマンスは低くなります。例えば、1Gbpsのネットワークでは最大125MB/secの転送が可能で、実質値は100MB/sec程のパフォーマンスが得られます。

    ストレージI/Oがこの転送スピードよりも遅ければその分遅くなるので注意してください。

    SNSでもご購読できます。