LifeKeeperがOracle DBの『CDB(コンテナ・データベース)』に対応、リソース構成と導入手順のご紹介

    こんにちは、宇野です。

    LifeKeeper for Linux 新バージョン9.5がつい先日の5月12日にリリースされました。今回のリリースではOracle12cより採用が進んでいたCDB(コンテナ・データベース)への対応が組み込まれています。リソースとしてはCDBの中に作成するPluggable Database(PDB)をリソースとして登録します。このブログではCDBサポートの具体的なリソース構成や導入手順をご紹介致します。

    1.  Oracle PDBリソースのリソース構成

    最初にリソース構成についてですが、以下のようにOracle DBリソース(orclpdb)に対してOracle Pluggable Databaseリソース(pdb-orclpdb)を上位リソースとして作成します。

     

    Oracle PDBのリソース保護手順は以下となります。

    • 従来のOracle DBリソースを作成する
    • PDBリソースを作成する

    具体的な手順は以下で紹介します。

     

    2. Oracle DBリソースの作成手順(PDBリソース作成前まで)

    従来のOracle DBリソースの作成については、以前に紹介した以下のブログ記事と同じ流れでOracle DBリソースの構築を進めてください。

     

    『実践!! LifeKeeper for Linux を使ったOracle 19c DataBase HAクラスター化の手順紹介』

     

    なお上記の記事はCDB非対応バージョンでの作成手順となっています。CDBに対応する際は上記のブログ記事の3.6の画面で、以下のように“コンテナ・データベースとして作成”にチェックを入れて1つ以上のコンテナ・データベースを作成して進めてください。

    先に紹介した記事を参考に以下のような構成となるようリソースを作成します。

    Oracle インスタンス(SID: orclpdb)の保護が完了です。

     

    3. Oracle PDBリソース作成手順

    CDBを保護する場合は、インスタンスの保護が完了した後にPDBリソースの作成を行います。データベースの作成時に指定したPDB名を指定して以下の手順でリソースを作成します。

     

    3-1. リソース作成ボタンをクリックします。

     

    3-2. 「Oracle Pluggable Database」を選択して進めます。

     

    3-3. Switch Type のデフォルトは 「Intelligent」です。

     

    3-4. アクティブノードを選択します。

     

    3-5. CDBを作成したインスタンスのSIDを選択します。

     

    3-6. 作成したPDB名”PRCLPDB”を選択します。

     

    3-7. Oracle PDBリソースのタグ名を入力して「Create」を押します。

     

    3-8. リソースが作成されます。問題なければ「Next>」を押します。

     

    3-9. スタンバイノードに拡張を行います。「Accept Defaults」を選択します。

     

    3-10.  拡張が行われます。完了しましたら「Finish」を押します。

     

    3-11.  Oracle PDBリソースの作成が完了です「Done」を押します。

     

    3-12.  Oracle PDBリソースがOracle DBリソースの上位リソースとして作成されます。

     

    3-13.  LifeKeeper で保護したDBへ接続して、PDB(PDB名: PRCLPDB)を確認してみましょう。

    PDBがREAD / WRITEで見えている事が確認できます。

     

    まとめ

    今までのLifeKeeper for Linuxでは非CDB/PDB構成環境でのサポートだった為、Oracle 12c以降でLifeKeeper + Oracleの構成をとる場合は非CDB / PCD構成のオーソドックスな構成で行う必要がありました。実はこのCDB/PDB構成は昨年実施したLifeKeeperで追加してほしい機能のリクエストが多かった機能となり、今リリースで実装されました。

    このCDB / PDB対応以外にもASM構成への対応も計画されておりますのでリリースまで期待してお待ち下さい。

     

    今お持ちのご案件などで利用できるかどうかの確認などを行いたい場合には、製品評価版のご提供も可能ですので、以下の評価版ダウンロードサイトより注意事項をご一読の上お申し込み下さい。

    評価版ダウンロード

    LifeKeeper/DataKeeper/Single Server Protectionの機能を30日間無料でご利用いただくことができます。要件に対応できるかなど、基本的な機能確認にぜひご利用ください。

    →[評価版のお申込み] https://sios.jp/products/lkdk/product/evaluation_lk.html

     

    お問い合わせ

    LifeKeeper/DataKeeperの「見積を依頼したい」「もっと詳しい話を聞いてみたい。」といった場合は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

    SNSでもご購読できます。