Oracle Cloud Infrastructureとは?AWS・Azure・GCPとの比較とともに料金や事例を解説

    商用データベースの分野でトップシェアを占めているといわれるのが、「Oracle Database」です。Oracle Cloud Infrastructure (以下OCI)はオラクルが運用するクラウド環境で、様々なサービスを提供しています。この記事では、AWSやAzure、GCPといった他のサービスとの比較と共に、OCIの機能性や料金、企業の導入事例などについて解説します。

    Oracle Cloud Infrastructureとは?

    OCI(Oracle Cloud Infrastructure)とは、オラクルが提供するパブリッククラウドサービスです。50を超えるサービス群を統合した企業向けのサービスで、要件に合わせて自由にサービスを組み合わせて利用できます。クラウドサービスのため自社でサーバーなどを構築する必要がなく、システム構築にかかるリソースを軽減することが可能です。

    OCIの特徴のひとつが、オンプレミスのオラクル製品と同じ環境が用意されている点です。オンプレミスからクラウドへの移行を検討する際、使える技術や環境の違いに苦労することは少なくありません。しかし、オンプレミスでオラクル製品を使っている場合は、OCIに移行しても従来と同じ使い方が可能です。また、移行にかかるコストも最小限に抑えられます。

    OCIでは、自社のデータセンター内にクラウド環境を構築することも可能です。自社のデータセンター内に構築したクラウド環境は、管理と運用をオラクルが実施します。そのため、厳しいセキュリティ要件や既存システムとの連携などの問題をクリアしながら、クラウド環境を利用することが可能になります。

    このように、OCIはクラウド環境でありながら、オンプレミスのメリットを残した運用が可能で、クラウドへ移行するハードルを大幅に下げられるサービスです。

    Oracle Cloud Infrastructureのサービス構成

    OCIは、大きく3つのサービス構成が用意されています。OCIの利用を検討する際、サービス構成を把握しておくことは重要です。ここでは、OCIのサービス構成について詳しく解説します。

    IaaS

    IaaSはInfrastructure as a Serviceの略で、マシンやネットワークなどのインフラ環境をクラウドで提供するサービスのことをいいます。IaaSを利用すると、物理的なインフラ環境の構築が不要で、IaaS基盤上に自由にシステム環境を構築できます。インフラの運用や障害対応などを自社で行う必要がないため、運用コストを下げながら自由度の高いシステム構築が可能です。CPUやメモリなどのスペックも自由に選択でき、システムの拡張などにも柔軟に対応できます。

    OCIのIaaSは、目的に合わせて選択できるクラウドストレージ、高速かつ高いセキュリティのネットワークなど、安心して利用できるインフラ環境が提供されています。また、独自のサービスも多く用意されているため、様々なニーズに応じた選択が可能です。

    PaaS

    PaaSはPlatform as a Serviceの略で、ハードウェアやOSなどのプラットフォームをクラウドで提供するサービスのことをいいます。PaaSを利用することで、利用者側でのOSやミドルウェアの管理が不要になり、アプリケーション開発に専念することが可能です。その奥にあるサーバーやネットワークなどのインフラも整備されているため、すぐにアプリケーション開発を始められるというメリットもあります。

    OCIのPaaSでは、高度なセキュリティ、コンテンツ管理、運用管理など、幅広いサービスが提供されています。また、既存のアプリケーションをPaaSへ集約・移行させることもできるため、迅速な開発や移行が可能です。もちろん、新規でアプリケーション開発を行うこともできます。

    SaaS

    SaaSはSoftware as a Serviceの略で、インフラ環境からソフトウェアまでクラウドで提供するサービスのことをいいます。Web上で利用できるアプリケーションやオンラインストレージなどもSaaSの一種です。アプリケーション開発が不要で、すぐにサービスの利用を始められることがメリットです。その反面、すでに提供されているアプリケーションを利用するため、カスタマイズなどの自由度が低い点がデメリットになる場合もあります。

    OCIのSaaSでは、ERPやSCM、人事システムなど、事業に必要な様々なアプリケーションが提供されています。また、オンプレミス環境のアプリケーションをSaaSに移行するサービスもあるため、アプリケーションの新規開発なしにクラウドへの移行も可能です。

    OCI・AWS・Azure・GCPの料金・サービスの比較

    パブリッククラウドサービスはクラウドだけでなく、様々なベンダーから提供されています。サービス内容や料金は提供ベンダーによって様々で、自社に合ったサービスを採用するためには、それぞれの特徴を把握して比較検討することが大切です。ここでは、オラクルが提供するOCI、アマゾンが提供するAWS、マイクロソフトが提供するAzure、グーグルが提供するGCPについて、比較していきます。

    OCIの料金は、使用した分だけ支払う体系と月単位の確約をすることで料金が割引される体系が用意されています。また、すでにオンプレミスでOracleライセンスを保有している場合はライセンス持ち込みが可能で、より低コストでOCIへ移行できます。

    AWSは従量制料金や、前払いが大きいほど割引が大きくなる料金体系が用意されています。Azureは従量制料金、前払いで最大72%割引になるサービス、大幅な割引のあるスポット価格などが選択可能です。GCPは従量制料金の他、継続利用割引や確約利用割引などが用意されています。

    それぞれ様々なサービスが提供されていますが、例えばWindows特有の機能を使用したい場合はAzure、オラクルライセンスを持っているならOCIなど、既存システムとの兼ね合いでサービスを検討するのもひとつの方法です。

    Oracle Cloud Infrastructureの導入事例

    OCIは、たくさんの日本企業で導入されています。目的に応じて様々な導入方法があるため、ここでは導入目的を移行・拡張、新規、開発・検証・分析の3つに分けて、それぞれの事例を紹介します。

    移行・拡張

    ここでは、既存システムの移行・拡張を目的にOCIを導入した3社の導入事例を紹介します。

     

    ・アズワン

    アズワンは、提供商品が150万点を超える理化学機器の総合商社です。大量にある商品の在庫管理のために、OCIを採用しました。自社倉庫や仕入先倉庫にバラバラに存在する在庫を一目で把握できるよう、自社データ基盤「Oracle Exadata」で管理しているデータを外聞連携する仕組みを検討することになります。

    オンプレミスでの構築も検討しましたが、管理負荷や運用コストの面から断念しています。そこで、クラウドとチャットボットを組み合わせて、データベースの提供だけで外部に情報を公開できる仕組みを構築しました。開発期間は約1カ月で、手組のツール開発はほとんどすることはなかったそうです。APIだけ用意しておけば運用の手間もなく、24時間365日のサービス提供が可能になりました。

     

    ・JTB

    大手旅行会社のJTBでは、IT戦略である既存システム活用の一環として、OCIを採用しています。従来はインフラ環境をオンプレミスで構築していましたが、基盤を構成するハードウェアの更改や運用にかかるコストなどが課題となっていました。そこで、自社データセンター内にクラウド環境を構築できるOCIを活用することにしたのです。

    OCIの利用により、他のパブリッククラウドと同程度のコストで自社データセンター内に環境を構築でき、オラクルによる一貫した管理、運用サービスが受けられます。旅行会社のシステムは季節やイベントによって処理が集中しますが、OCIは季節変動に関わらず定額で利用でき、高いセキュリティやパフォーマンスの強化にも成功しています。

     

    ・三菱重工航空エンジン

    三菱重工航空エンジンでは、航空機部品のサプライヤーとの間で納期や不具合の管理を行うためのポータルサイトをOCIで構築しています。航空業界は、テロのような事件や事故、燃料価格の変動など、予測不能な要因で需要が大幅に減少することを常に考慮しておかなければなりません。そのため、同社ではITを駆使した業務効率化を目指しました。

    従来はメールや電話で担当者同士が行っていたサプライヤーとのやりとりを、ポータルサイトで情報を一元管理することで、情報伝達のスピードを上げるという効果があります。また、ITインフラは三菱重工のものを借り受けて利用していましたが、OCIのPaaSを利用することで、三菱重工のインフラに手を入れることなく、自社で自由に開発を行えるというメリットからも、OCIを採用しています。

     

    新規

    次に、新規のシステムとしてOCIを採用した3社の例を紹介します。

     

    ・朝日新聞社

    朝日新聞社では、AIによる見出しの自動生成ツール構築のために、OCIを活用しています。新聞記事の見出し作成には手間がかかり、編集者の負担になっているという背景がありました。そこで、過去30年間の約900万記事のデータを利用して、AIの活用に取り組むことにしたのです。

    精度の高い見出しを自動生成するためには、AIの学習元となる大量のテキストデータを処理する必要があります。また、パラメータ変更など試行錯誤を繰り返すためには、高スペックのインフラ環境も欠かせません。そこで、高パフォーマンスのGPU環境が利用できるOCIを採用しました。社内CMSの一部では、すでにボタンひとつで見出しを生成できるようになっています。

     

    ・東京都主税局

    東京都主税局では、OCIを使って問い合わせに自動応答するためのシステム構築を検討しています。AIを活用したチャットボットにより、定型的な問い合わせに自動で回答を案内するという機能です。実証実験も実施しており、第一弾として「自動車税に関する問い合わせ」に対応するチャットボットが公開されました。

    実証実験には日本オラクルを含む4社が参画しており、第二弾として「納税や納税証明に関する問い合わせ」に対応するチャットボットも公開されています。このチャットボットには、カスタマーサービスの支援、データベース基盤、多言語アプリケーション実行基盤など、OCIの様々な機能が使用されています。

     

    ・ユニフェイス

    ユニフェイスは、「IB-Mes」という製造実行システムを提供している企業です。製造実行システムでは、生産進捗や設備、品質や労務状況など管理することができます。このシステムに、OCIの機械学習機能が実装されています。OCIの機械学習機能によって、データを蓄積するほど精度が上がり、故障や不具合を予測することが可能になり、売上や生産の平準化が実現されました。このようにOCIの機能を自社製品に組み込むことにより、自社製品の品質をさらに向上させることも可能です。

     

    開発・検証・分析

    自社での開発や検証にOCIを活用している企業もあります。ここでは、開発・検証・分析のためのOCIを採用した事例を紹介します。

     

    ・株式会社エム・エス・アイ

    株式会社エム・エス・アイは、情報処理サービスやソフトウェア開発・販売を行っている企業です。自社のソフトウェア開発環境として、OCIを採用しています。OCIを採用した理由として、一般的なクラウドサービスはオンプレミス用の開発環境として適していないケースがありますが、OCIはオンプレミス同様の環境をパブリッククラウドで利用できる点を挙げています。

    また、OCIを採用したことにより、オフショア拠点であるインドのエンジニアが日本と同一の環境とデータを利用できるようになりました。OCIの活用によって開発環境にかかるコストが削減されただけでなく、オフショアにおけるタイムラグがなくなり、開発の効率化が実現したといわれています。

     

    ・外為どっとコム

    外為どっとコムは、オンラインで外国為替保証金取引サービスを提供している企業です。外為どっとコムでは、顧客情報や注文情報などを格納していたデータベースのアップグレードの際、検証のためにOCIを活用しました。FX取引を担うシステムのため、アップグレードによる性能低下が起こらないように、2100本を超える全てのSQLについてアップグレード前後の環境を比較し、検証する必要があったのです。

    OCIのOracle RATを使うことで、大量のSQLを網羅的に検証し、テスト作業の負荷も軽減することが可能になりました。データベースのアップグレードなどを行う際に欠かせない検証作業ですが、OCIを活用することで網羅性や正確性を高めながら手間やコストを削減すること可能です。

     

    ・三鷹市

    三鷹市では、EBPMと呼ばれるエビデンスに基づく政策立案に取り組むためにOCIを採用しました。エビデンス、つまり膨大なデータや統計情報を分析して得られる「証拠」を元に政策を立案し、その政策の効果をまた分析する、という流れでEBPMは実施されます。その情報処理や分析にOCIが役立てられています。

    OCIの機能により、本来ならデータベース管理者が手動で行わなければならない作業を自動化したり、分析したデータを可視化したりすることが可能です。また、導入や操作に専門知識が不要というメリットもあり、実際に三鷹市ではITベンダーなどに開発を依頼することなく、マニュアルを参照しただけで利用を始められています。そのため、導入コストの大幅カットが可能になりました。

    まとめ

    OCIは、様々な機能が備わっているクラウドサービスです。一般的なパブリッククラウドの機能を有しながら、オンプレミスのシステムをそのままクラウドに移行したり、自社データセンター内にクラウド環境を構築したり、独自サービスも充実しています。

    しかし、保守費用の増加やライセンス体系の変更など、オラクルユーザーが抱えている課題もあります。費用の関係で、利用見直しの検討を始めているユーザーがいることも確かです。

    これらの問題は、LifeKeeperで解決できることもある他、OCIでの検証レポートも利用可能です。データベースソフトの乗り換えやライセンスコストの低減案なども提案しているため、クラウドサービスの利用に課題を抱えているという方は、ぜひ一度以下の記事もご確認ください。

    SNSでもご購読できます。