仮想環境

HCI、vSphere6.7、vSAN6.7環境にも対応。仮想環境のサポート状況(2019年1月時点)

こんにちは、プリセールスを担当しております國政と申します。
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

LifeKeeper for Linux .9.3(2018年8月8日リリース)当時はいくつかの仮想環境について未サポートの状態でしたがリリース後に後追いサポートとなった環境についてお伝えしたいと思います。

・vSphere 6.7 (LifeKeeper for Linux及びLifeKeeper Single Server Protection v9.3)2018年10月より追加サポートとなっております

これらvSphere6.7環境やvSAN6.7環境を含む仮想環境でのLifeKeeper構成上の注意点や構成例を記載した「仮想環境HAクラスター構成ガイド」を更新し製品関連資料ダウンロードサイトに配置していますので、Linux版、Windows版ともに設計構築の際にぜひお役立て下さい。

続きを読む

[SPS for Linux] LVM above DataKeeper Resource 構成でのオンライン拡張

LVM above DataKeeper Resource 構成でのオンラインディスク拡張手順

LifeKeeper for Linux では、OSから対象のLVの拡張が認識できさえすれば、オンラインでファイルシステムを拡張することが可能です。これは、LVM Recovery Kit(LVM RK)を利用することで実現できます。

LVM RKでは、共有ストレージのLUNをディスクリソースとしてLVMのPVを構成すると、lvmlvリソースおよびlvmvgリソースの子リソースとして登録されます。
一方で、共有ストレージが用意できない場合、DataKeeper でData Replication Resource(DataKeeper Resource)を作成してPVとして登録することでLVMの構成とすることが出来ます。このようにDataKeeper Resource上にLVMを構築し、LifeKeeper for Linuxで保護することをLVM above DataKeeper Resourceと呼んでいます。

続きを読む

HULFT連携 高可用性ソリューション 最新情報!

みなさん、こんにちは。西下です。

もうすっかり冬本番ですね。私もようやくコートを着て通勤しております。読者の皆様に置かれましては、どうぞ体調にご留意下さいませ。

さて、本日は当社の高可用性ソリューションのHULFT対応のupdate情報をご案内致します。代表的な基幹系システムのHULFTは、24時間止められない運用が求められるため、HAクラスターによる情報要件が非常に多いのが特徴です。今年1年を締めくくる形でupdateをご案内させていただきます。

続きを読む