【Oracle DBをご利用中の方へ】Oracle 19c関連のお問い合わせについて

19c

こんにちは、プリセールスを担当しております國政です。いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

LifeKeeperは多くのソフトウェアの冗長構成をサポートしておりますが、その中でもデータベース関連のHAクラスター化の要件が非常に多くあります。

データベースをHAクラスター化してきた実績の多いLifeKeeperですが、最近多くのお問い合わせを頂いておりますのが、タイトルにある通り「Oracle 19cの対応時期はいつでしょう?」など19c関連のご質問となっております。

結論から申し上げると、
LifeKeeperの現行最新バージョン(LifeKeeper for Linux v9.3.2)において19cへの対応を開始いたしました。
※詳細はこちらを参照ください。

 

19cにおける注意点

通常、アプリケーションの新バージョン情報を入手した際には、各種対応可否や主な変更点をリリースノートや各種ガイドで確認するのですが、Oracle 19cの管理ガイドを見ていると少し気になる項目がありました。

それは、「SE2ライセンスではRAC構成がサポートされない」事が以下の管理ガイドから読み取れることです。

oracle管理ガイド参照先: Real Application Clusters Administration and Deployment Guide

 

19cのライセンスマニュアルにもSE2ライセンスではRACは利用できない(N)となっている事が読み取れます。

oracle19cのライセンスマニュアル対応表参照先: Database Licensing Information User Manual

 

RAC構成からHAクラスター構成へ

従来手軽に可用性を高める為やリソースの有効活用の観点から SE RACを利用されている方も多いかと思います。

そこで当社では、OracleDB 19cの利用を検討中の方に、RAC構成からHAクラスター構成に変更する事を推奨しております。

SE2ライセンスが登場した際にも制限が強化された経緯から、当社ではLifeKeeperへの乗り換え事案が多くあり実績が豊富です。OracleDB 19cの利用を検討中の方は、是非この機会にRAC構成からHAクラスター構成への変更を検討されてはいかがでしょうか。

ご検討の際には、HAクラスターの性能面での検討ポイントについて書かれた資料「Oracle RACの課題と解決策」がございますので、ぜひ下記よりダウンロードしてご参照ください。

 

資料ダウンロード

「Oracle RACの課題と解決策 」資料のダウンロードはこちらからどうぞ!

資料DLボタン

お問い合わせ

「見積を依頼したい」「もっと詳しい話を聞いてみたい。」などご相談ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せボタン

SNSでもご購読できます。