【Blog紹介】コミュニティ版のLinux-HA利用における懸念点と解決方法とは?

    PacemakerやDRBDをコミュニティ版で利用している場合の懸念点や解決方法をご紹介します。
    OSSならではのメリットをいかしつつ、OSSゆえの不安を解消するヒントにしていただければと思います。

     

    SNSでもご購読できます。