手順書/検証レポート

[Windows]Generic リソースとサンプルスクリプトを使って PostgreSQLをクラスター化する

system-structure1

LifeKeeper for Windowsの機能の一つである Generic リソースを用いて、LifeKeeperでリカバリーキットとして提供されていないアプリケーションを保護することができます。

Generic リソースを作成するためには、保護対象のアプリケーションを制御するためのスクリプトを作成する必要があります。
LifeKeeper for Windows にはWindowsサービスで制御されるアプリケーションをLifeKeeper で制御するためのGeneric リソースのサンプルスクリプトが同梱されており、本サンプルスクリプトを用いることでWindowsサービスにより制御されるアプリケーションをLifeKeeperへ登録することができます。

本稿では、WindowsアプリケーションをLifeKeeper for WindowsでHAクラスター化する例として、PostgreSQLサービスに上述のサンプルスクリプトを用いてHAクラスター化する方法を紹介します。

続きを読む

LifeKeeper for LinuxとNetVault Backup 11の動作検証レポート

netvault backup

こんにちは!
サイオステクノロジーの松嶋です。LifeKeeperの技術を担当しております。

サイオスのLifeKeeper for Linuxを導入したHAクラスター環境における、Dell Software社のNetVault Backup 11の動作検証が完了しました。

HAクラスターとは、コンピューターシステムの可用性を高めることを目的とした技術で、システム(サービス)の高い持続性が必要な業務環境において導入されることが多いシステム構成です。このような高可用性を必要としている業務環境だからこそ、データーのバックアップの必要性はより高まります。

今回の動作検証では、NetVault BackupのOracleプラグインとMySQLプラグインを用いて検証を実施しました。この動作検証レポートでは、Oracleプラグインについての検証を例に、NetVault Backup11の導入、バックアップ・リストア実施手順をご紹介します。

続きを読む

Azure上でSQL Serverのクラスター環境を簡単に構築する手順

こんにちは!
サイオステクノロジーの松嶋です。LifeKeeperの技術を担当しています。

Windows Server標準のフェイルオーバークラスタリング機能であるWSFC (Windows Server Failover Clustering)を使用しているシステムをクラウドに移行する際、必ず問題になることがあります。一般的にクラウド環境では、クラスタリングを組む際に必須となる共有ストレージ構成を取ることができない、すなわちストレージを複数のノードに紐づけられないためです。

サイオスでは、そのような課題に対応するため、2015年春よりWindows環境における共有ストレージ不要のクラスターソリューション – ”SANLess Clusters“を日本国内でもご提供しています。

続きを読む

[Linux] DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現(第4回)~WordPressとWebサーバーの起動設定

サイトのホーム画面を確認

こんにちは。
サイオステクノロジーの高田です。LifeKeeperのトレーニングを担当しています。

第3回では、サーバーの設定とLifeKeeperを利用したDBサーバーのクラスタ化について記載しました。
最終回となった第4回めは、WordPressの設定とAWS側のWebサーバーをAMIから起動する設定を行います。

続きを読む