オープンソース製品

【事例】OSS製品での問題を解決!ファイル転送システム「eTransporter」を支える「LifeKeeper」

eTransporter Structure

大容量ファイルをセキュアに送受信できるファイル転送システム「eTransporter」をはじめ、多くの法人向けソリューションを開発、提供しているNSDビジネスイノベーション(以下、NBI)。同社では「eTransporter」の冗長化にオープンソースソフトウェア(OSS)のHAソフトウェアであるDRBDとHeartbeatを使用していましたが、それをサイオステクノロジーの「LifeKeeper」に置き換えました。DRBD、Heartbeatにはどのような課題があり、その課題をLifeKeeperでどのように解決したのでしょうか。ここでは、NBIのエンジニアリング部リーダーである坂本将人氏、同部の課長である松見秀和氏にお話をうかがいました。

続きを読む

クラスター入門(3)- 失敗しないHAクラスター製品の選び方

shared-strage-and-data-replication-structure

>第1回から読む

 Windows Server Failover Clustering(WSFC)やRed Hat Cluster SuiteなどOSの標準機能から、商用パッケージ、オープンソースソフトウェア(OSS)まで、さまざまなHAクラスターソフトウェアがあります。その中から代表的なソフトウェアを紹介するとともに、失敗しない製品選定のポイントについても解説します。

続きを読む

Windows Server環境でアプリケーションの冗長化を実現する方法は、Windows Server Fail Over Clustering(WSFC)の機能だけ?

OSSよろず相談室で包括サポート

OSS(Open-Source Software)のアプリケーションの稼働はどのように保護したらよいのか?

 最近では、コスト削減はもとより、ソフトウェアに対する信頼性の向上、導入実績が増えてきたことによる安心感も広がったことにより、従来のアプリケーション選択形態の主流であるベンダー製品の選択とは異なり、OSSを選択する企業が増えてきています。また、それに伴いOSSが導入される領域も幅広くなり、具体的にはWebサーバー・アプリケーション・サーバー・データーベースサーバー・運用監視ツールなど、多くの領域で導入され、既に数多くの導入実績がでてきています。

 このように一般的に稼働し続ける必要のある重要なシステムであれば、システムの高可用性について考慮する必要がでてくるのではないでしょうか?その際に考えられる選択肢は、どのような方法があるのでしょうか?

続きを読む

変わるOracle RAC、その有効性とクラウド時代の課題(前編)

多くのエンタープライズ企業に採用されている「Oracle Real Application Clusters(以下、Oracle RAC)」。

Mr.Imamura

株式会社システムサポート
クラウドコンサルティング事業部
事業部長 今村哲也氏

クラウド時代が本格化して基幹システムもクラウドに移行するケースが増える現在、Oracle RACの有効性と、これからの時代における課題は何なのか?

今回は株式会社システムサポート クラウドコンサルティング事業部長 今村哲也氏、シニアマネージャー 山口正寛氏のお二人に、Oracle RACに関する現状を探りたいと思います。

 

続きを読む