変わるOracle RAC、その有効性とクラウド時代の課題(前編)

多くのエンタープライズ企業に採用されている「Oracle Real Application Clusters(以下、Oracle RAC)」。

Mr.Imamura

株式会社システムサポート
クラウドコンサルティング事業部
事業部長 今村哲也氏

クラウド時代が本格化して基幹システムもクラウドに移行するケースが増える現在、Oracle RACの有効性と、これからの時代における課題は何なのか?

今回は株式会社システムサポート クラウドコンサルティング事業部長 今村哲也氏、シニアマネージャー 山口正寛氏のお二人に、Oracle RACに関する現状を探りたいと思います。

>>【資料ダウンロード】Oracle RACに関する課題と解決策

続きを読む

クラウド上で企業が SQL Server を保護する3つの方法 ~「SANLess」 クラスター利用の実例

Extend-Clusters-to-the-cloud

展開されている場所にかかわらず、SQL Server は可用性の高い保護を必要とするビジネスクリティカルなアプリケーションです。クラウドでは、クラウドインスタンスまたはクラウドプロバイダーで障害が発生した場合、SQL Server をダウンタイムから保護する必要があります。しかし、共有ストレージクラスターのような従来のソリューションは実用的ではなく、クラウドでは適用できない場合もあります。
本稿では、企業が実際に、共有ストレージの制限を受けることなく、「SANLess」 クラスターの柔軟性を活用してクラウド内の SQL Serverの高い可用性と災害復旧保護を実現する方法をご紹介します。

続きを読む

クラスターの導入と管理のハードルを下げる8つの方法

8-Ways-to-Make Clusters-Easy- to-Use-Easy-to-OwnITマネージャーは、高いレベルのサービスを提供し、多くのアプリケーションとデータをダウンタイムから保護し、一方で時間とコストを節約するという重要な課題を常に抱えています。

この課題に対応することは、かつてないほど困難になってきており、昨今ではデータセンターのコストは上昇し続けています。エンドユーザーからの要求も同様です。ユーザーは、アプリケーションサーバー、ファイルサーバー、さらにSQLおよびOracleなどのデータベースサーバーのような、様々なアプリケーションに対して、高い可用性を期待しています。

続きを読む

クラウド時代、IoT時代のデータ保護とバックアップの最適解とは?(後編)

Mr.Keiichi-Hamasaki in front of the corporate entrance

>前編から読む

今日の企業が取るべきバックアップ手法や、クラスターとの違いと使い分けについてクエスト・ソフトウェアの浜崎圭一氏にうかがうインタビュー。後半では、同社製品NetVault Backupから見た市場や、バックアップの現状について、さらにはクラスターとの関係へと、より掘り下げたテーマでお話しいただきました。

続きを読む

クラウド時代、IoT時代のデータ保護とバックアップの最適解とは?(前編)

Mr.Keiichi-Hamasaki

ビジネスのIT化に伴い、データの重要性がますます高まっています。自然災害やオペレーションミスによって重要データが失われると、事業を継続できなくなるリスクが高い今日では、企業はどのようなバックアップ手法を取るべきでしょうか。また、クラスターとの違いと使い分けは?

今回は前後編に分け、クエスト・ソフトウェアの浜崎圭一氏に、ITシステムにおける危機管理の基本中の基本・バックアップの初歩からその手法をお聞きし、データ保護からみたビジネス継続の最適解を探りたいと思います。

続きを読む