クラウドにおけるリスクと対策

SAP S/4HANAに最適化。巨大基幹システムを支えるマイクロソフト“SAP on Azure”の優位性(前編)

Ms.Ieda

基幹システムをクラウドへ移行する企業が増えています。SAP製品が今後S/4HANAへとシフトするなか、クラウドベンダーが提供する環境やサービスも、よりユーザーの要望するものへと変化してきています。マイクロソフト社が注力する、SAP S/4HANAならではのシステム要件に応える”SAP on Azure”の強みと展望とは?同社グローバル ブラックベルト セールス部のテクノロジーソリューションズプロフェショナルである家田恵氏、Azure Enterprise技術部のクラウドソリューションアーキテクトである井上和英氏に、お話をうかがいました。

続きを読む

Azure Site RecoveryとHAクラスタを併用した構成と設定手順

前編、後編の検証概念図

こんにちは。
サイオステクノロジー國政です。プリセールスを担当しております。

Azure Backup編は弊社が提唱するHAクラスター構成である、WSFCとDataKeeperをAzure上に構築、その後運用に入るまでに考える事柄の一つである障害への備えとしてAzure Backupの有用性を考えてみました。

本後編では、もう一つの障害対策として Azure Site Recoveryについて、そもそもどんな機能か、どう設定するるとよいのかを手順交え紹介してみます。
また最後に、Azure BackupとAzure Site Recoveryの違いをまとめ、活用可能性を考えてみたいと思います。

続きを読む

SAPもクラウドに移行する時代が本格到来。移行で注意すべきことは?(後編)

前編から読む

BeeX-Mr.Hoshino

株式会社BeeX(ビーエックス)
マネージャー 星野孝平氏

オンプレミス環境で運用するのが当たり前だったSAPを、クラウドへ移行する流れが加速しています。そこにはどのようなメリットと、注意すべき点があるのでしょうか?

SAPを初めとする基幹系システムのクラウドマイグレーションやマネジメントサービスを提供している、株式会社BeeX(ビーエックス)の代表取締役 広木太氏、マネージャー 星野孝平氏に引き続きお話を伺います。

 

続きを読む

AWS上にLifeKeeper for Linux を導入してみた

構成イメージ

インフラ部分の可用性については一定の担保を提供するクラウド環境ですが、その上で動作しているアプリケーションの可用性は利用者に任されているのが現状です。

LifeKeeper for Linux(以降は、LifeKeeperと記載)はクラウド環境において担保外となっているアプリケーションの可用性を実現させるソフトウェアとなります。今回はLifeKeeperをAWSの無料枠を使用してEC2上に導入してみます。

続きを読む