クラウドにおけるリスクと対策

【3分で読める】基幹系システムの障害対策のトレンドとこれからの対策(SAP・JP1・HULFT)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本のプリセールスの西下(にしした)です。

長かった冬もようやく春らしくなり、当社の周りでも桜が満開です。春を楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか?

さて、今回は代表的な「基幹系システム」としてSAP・JP1・HULFTを題材にして障害対策のトレンドとこれから求められる対策についてお話させていただきます。

これらの製品に関するお問い合わせも顕著に伸びており、既に多数の実績が出ております。>>導入事例

>>SAPとLifeKeeperの連携ソリューションはこちら
関連資料:SAP向け高可用性ソリューション

>>JP1とLifeKeeperの連携ソリューションはこちら
関連資料:日立統合システム運用管理JP1のクラスター構成ガイド

>>HULFTとLifeKeeperの連携ソリューションはこちら
関連資料:LifeKeeper for Linux HULFT Recovery Kit 管理ガイド

続きを読む

AWS環境の可用性の現実と解決策について

みなさんこんにちは。東日本担当のプリセールスの西下(にしした)です。
(「西の國政(くにまさ)・東の西下」と覚えてくださいね。)
近頃日が落ちるのも早くなり、寒さも真冬っぽくなってきましたね。皆様もどうぞ体調にご留意下さいませ。

今回はクラウド案件の中でも人気をAzureと二分するAWSに焦点を当てて、2回に分けてお話させていただきます。

続きを読む

SAP S/4HANAに最適化。巨大基幹システムを支えるマイクロソフト“SAP on Azure”の優位性(後編)

Ms.Ieda and Mr.Inoue in front of Microsoft entrance

前編から読む

SAP製品がS/4HANAへとシフトするなか、S/4HANAならではのシステム要件に応える”SAP on Azure”の強みと展望とは?

日本マイクロソフト株式会社グローバル ブラックベルト セールス部のテクノロジーソリューションズプロフェショナルである家田恵氏、Azure Enterprise技術部のクラウドソリューションアーキテクトである井上和英氏に、さらに詳しく伺います。

続きを読む

SAP S/4HANAに最適化。巨大基幹システムを支えるマイクロソフト“SAP on Azure”の優位性(前編)

Ms.Ieda

基幹システムをクラウドへ移行する企業が増えています。SAP製品が今後S/4HANAへとシフトするなか、クラウドベンダーが提供する環境やサービスも、よりユーザーの要望するものへと変化してきています。マイクロソフト社が注力する、SAP S/4HANAならではのシステム要件に応える”SAP on Azure”の強みと展望とは?同社グローバル ブラックベルト セールス部のテクノロジーソリューションズプロフェショナルである家田恵氏、Azure Enterprise技術部のクラウドソリューションアーキテクトである井上和英氏に、お話をうかがいました。

続きを読む

Azure Site RecoveryとHAクラスタを併用した構成と設定手順

前編、後編の検証概念図

こんにちは。
サイオステクノロジー國政です。プリセールスを担当しております。

Azure Backup編は弊社が提唱するHAクラスター構成である、WSFCとDataKeeperをAzure上に構築、その後運用に入るまでに考える事柄の一つである障害への備えとしてAzure Backupの有用性を考えてみました。

本後編では、もう一つの障害対策として Azure Site Recoveryについて、そもそもどんな機能か、どう設定するるとよいのかを手順交え紹介してみます。
また最後に、Azure BackupとAzure Site Recoveryの違いをまとめ、活用可能性を考えてみたいと思います。

続きを読む