クラウドにおけるリスクと対策

クラウド環境でシステム障害による機会損失を防ぐ方法とは?

image2

情報システムは、言わずもがなですが企業を支える骨格です。たとえFAXによって取引先とやり取りする古典的な“システム”だったとしても、FAXの機器が故障したら受発注に支障をきたすのは明らかです。それが高度に複雑化した情報システムであれば、その故障の影響は計り知れないものがあります。

続きを読む

金融機関が基幹システムの冗長化対応で選択した「縁の下の力持ち」とは(後編)

>>インタビュー前編から読む

設計通りに切り替えが実行される安心感

大和総研で標準的に使用するクラスターソフトとしてLifeKeeperを選定したのは、2016年のこと。その後1年ほどの期間をかけて、標準化をするための設計を行った。

大和総研 システムマネジメント本部 オープンシステム開発第一部 次長 菊池洋平氏

大和総研
システムマネジメント本部
オープンシステム開発第一部 次長
菊池洋平氏

実際には並行して実装が始まり、2016年末ごろから標準設計に基づいて構築したLifeKeeperが稼働を始めている。オープンシステム開発第一部 次長の菊池洋平氏は「標準化される前から、いくつかのシステムでクラスターソフトとしてLifeKeeperが導入されていました。標準化にはコストがかかるため、需要が一定以上見込めると判断してから標準化を進めることになり、このタイミングに完了したというのが実情です」と当時の状況を説明する。

続きを読む