危機管理と事業継続

インターネット分離(4) – Azure上でRDSの可用性を担保し、鉄壁のインターネット分離ソリューションを実現

system-sturucture-SANLess Clusters-on Azure

>第1回から読む

この連載では、最近注目されている「インターネット分離」の背景と、その有効な解決策のひとつとしてマイクロソフトが提供する「RDS on Azure」を紹介してきました。第4回目となる今回は、「RDS on Azure」によるインターネット分離の課題となっていた高可用性を実現する、サイオステクノロジーの「SANLess Clusters」をご紹介します。

続きを読む

インターネット分離(3) – 有効策、日本マイクロソフトの「RDS(リモートデスクトップサービス) on Azure」とは

前島 鷹賢氏

>第1回から読む

標的型攻撃やランサムウェアなどの脅威が巧妙化、複雑化し、企業の事業継続を脅かすようになっています。最近では従来のセキュリティ対策に加え、多くの脅威がインターネットを介して侵入することに着目した「インターネット分離」という対策手法が注目を集めています。

今回は第2回目から引き続き、具体的な対策のひとつである「RDS on Azure」について、日本マイクロソフト株式会社の前島鷹賢氏にお話をうかがいます。

続きを読む

インターネット分離(2) – 有効策、日本マイクロソフトの「RDS(リモートデスクトップサービス) on Azure」とは

前島 鷹賢氏

>第1回から読む

標的型攻撃やランサムウェアなどの脅威が巧妙化、複雑化し、企業の事業継続を脅かすようになっています。最近では従来のセキュリティ対策に加え、多くの脅威がインターネットを介して侵入することに着目した「インターネット分離」という対策手法が注目を集めています。ここでは4回にわたり、インターネット分離について紹介していきます。

第2回目となる今回は、具体的な対策のひとつである「RDS on Azure」について、日本マイクロソフト株式会社の前島鷹賢氏にお話をうかがいました。

続きを読む

インターネット分離(1) – 事業継続を阻害する標的型攻撃と、「インターネット分離」による対策

internet-separation 標的型攻撃やランサムウェアなどの脅威が巧妙化、複雑化し、企業の事業継続を脅かすようになっています。そのため従来の入口を固めるセキュリティ対策から、マルウェアの侵入を前提とした出口対策、内部対策も必要とされています。そして最近では、多くの脅威がインターネットを介して侵入することに着目した「インターネット分離」という対策手法が注目を集めています。

ここでは4回にわたり、インターネット分離とその具体的な手法について紹介していきます。第1回目となる今回は、インターネット分離の概要と現在の脅威と対策方法について紹介します。

続きを読む

事業継続のために、企業が遵守すべき法律やガイドライン

public-standard

企業がビジネス活動を行う上で、避けて通ることができないのが法律やガイドラインです。
「法律」は必ず守らなければなりません。正しく準拠していないと、企業が業務停止に追い込まれ、事業の継続や企業としての存続が不可能な事態へ発展する可能性もあります。
「ガイドライン」は業界や業種などにより規定されています。「法律」とは違い必ずしも準拠する必要がないものもありますが、「ガイドライン」に準拠することにより事業継続の危機を回避できる場合もあります。

続きを読む