LifeKeeper/DataKeeper

“Higher Availability” DBを目指して、LifeKeeperをチューニングしてみました。(第2回)~ノード監視処理

quickcheck-script-error

こんにちは。
サイオステクノロジーの宇野です。LifeKeeperの開発を担当しています。

前回は、各リソースの状態をチェックするリソース監視処理に要する時間を測定して、可能な範囲での監視間隔の短縮にチャレンジしてみました。今回は、ノード監視に要する時間の短縮にチャレンジしたいと思います。

続きを読む

“Higher Availability” DBを目指して、LifeKeeperをチューニングしてみました。(第1回)~リソース監視処理

こんにちは。
サイオステクノロジーの宇野です。LifeKeeperの開発を担当しています。

今回から3回に分け、“Higher Availability DB”についてご紹介していきます。

HAクラスターのHAは、高可用性(High Availability)を実現するクラスターシステムのことですが、“Higher” Availabilityは、おそらく比較級の”Higher”からご推測の通り、従来のHAクラスターで提供するHAに比べて“より高い” 可用性を実現することを目指す、サイオスの造語です。

サイオスでは、“Higher Availability DB” と題して、「障害検知からフェイルオーバー完了(待機系でのサービス再開)までを30秒以内で完了する」というゴールを設定し、可用性を向上するための一連の試みを、“Higher Availability“ソリューションとしてご提案していく予定です。
今回は、その中でもPostgreSQLでより高い可用性を目指す手法について、実験結果をご報告したいと思います。

続きを読む