LifeKeeper/DataKeeper

AWS上で、障害発生時にも超短時間で回復が可能なデータベースシステムを実現するには?

mmr基本構成

 データベースのシステムダウンが生む、多大なリスクをご存知でしょうか。ITシステムの中心的存在であるデータベースの停止は、システム全体の停止につながりかねない重大な事態です。アメリカのある調査資料によると、システムが1時間ダウンすると、33パーセントもの企業が100万ドル〜500万ドル以上もの損失に見舞われると報告されています。これを日本円に換算すると1分間でおよそ180万円〜920万円もの金額になるのです。

続きを読む

SQL Server 2016時代のSANLess Clustersの価値とは? 〜制約無くシンプルで、コストパフォーマンスの高いSQL Serverの冗長化手法〜

4つのパターン

昨年、「SQL Server環境で高可用性を実現する7つのポイント」と題した記事で、SQL ServerのEditionごとに異なる可用性の考え方を7つのポイントで比較してご紹介しました。
今回は、SQL Server 2016からStandard Edition でも「Always On可用性グループ(AG)」機能が利用できるようになった事によりSIOSの「SANLess Clusters」の利用価値を改めて考えてみたいと思います。

続きを読む

EC2でSTONITH

database

EC2のSTONITHについてご紹介します。

STONITHとは ”Shoot the Other Node in the Head” の略で、サーバーがクラスターの一部とみなされなくなったときに、そのサーバーを物理的に停止させたり、電源を切断したりする技術です。フェイルオーバーする時に、電源を切断するためのコマンドが呼び出されます。このコマンドは、コンフィグレーションファイル /opt/LifeKeeper/config/stonith.conf で定義され、ユーザが設定する必要があります。ここでは、EC2インスタンスの電源を切断するためのコマンドの作成からSTONITHの設定方法を紹介します。

続きを読む