LifeKeeper/DataKeeper

【海外事例】PayGo、SIOS DataKeeperを使用してAWSクラウドにおけるSQL Serverの高可用性を確保

サイオステクノロジー海外拠点の事例のご紹介です。
DataKeeperとWSFCを組み合わせて、AWS上にてSQL Serverを冗長化いたしました。
米国最大のエネルギー企業の前払いプログラムを管理する、支払いソリューションプロバイダー「PayGo」が持っていた課題、環境、導入した結果をご紹介します。

続きを読む

LifeKeeperがOracle DBの『CDB(コンテナ・データベース)』に対応、リソース構成と導入手順のご紹介

こんにちは、宇野です。

LifeKeeper for Linux 新バージョン9.5がつい先日の5月12日にリリースされました。今回のリリースではOracle12cより採用が進んでいたCDB(コンテナ・データベース)への対応が組み込まれています。リソースとしてはCDBの中に作成するPluggable Database(PDB)をリソースとして登録します。このブログではCDBサポートの具体的なリソース構成や導入手順をご紹介致します。

続きを読む

障害対策を専用ソフトウェアにお任せすると幸せになる2つの理由

こんにちは、プリセールス担当の田中です。

あなたの会社に、様々な理由で障害への対策が後回しになっているアプリケーションはありませんか。

  • 使用している製品が、障害発生時の復旧機能を持っていない。
  • 耐障害設計は必要だと思うが、実現方法や運用方法がわからない。

などなど…

障害対策は、必要性は一度検討にあがるものの、実現ためのコストや工数が未知数であることが課題となり、対応が後回しになってしまうケースも多いのではないでしょうか。

そういう方は、クラスターソフトウェアに障害対策を任せてみませんか?

続きを読む