LifeKeeper/DataKeeper

レプリケーションとは?バックアップと何が違う?

すべての企業において、ビジネスのITシステム依存が高まりつつある今日。障害発生に備えた冗長化で、システム自体の可用性を高めつつデータロストを回避する手段として、レプリケーションを導入する企業が増えています。複製(レプリカ)の作成を意味するレプリケーションですが、古くからあるバックアップとは何が違うのか?

メリットやデメリットのほか、効率的に冗長化を実現する方法などについて解説します。

続きを読む

ITシステムの冗長化、その目的とは?

「冗長」とは元々、文章表現などが長たらしくむだのある“望ましくない”状態を指す言葉ですが、ITの世界ではまったく反対に“望ましい”状態を指す表現となります。

では、ITシステムにおける冗長(冗長化)とは、どういう意味でしょう?なぜ冗長化が必要なのでしょうか?

続きを読む

スピードと使い勝手を両立させるITインフラ「HPE Synergy」でデータやアプリの可用性を確保するには ー横河レンタ・リース

「企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)のアイデアを実際のサービスに展開するスピード感が高まっています。そうしたDXの取り組みにおいて、物理環境、仮想環境、コンテナなどを統合するソリューションとして、横河レンタ・リースではヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)のHPE Synergy(シナジー)を提供しています」

こう語るのは、横河レンタ・リース 営業統括本部 システム営業本部 システム営業推進部長の原尾嘉展氏。横河レンタ・リースは、パソコン(PC)や計測器・測定器などのレンタル事業と、IT機器システムなどの販売事業の2本の柱を持つ。もともと米ヒューレット・パッカードが横河電機と合弁で1963年に横河ヒューレット・パッカード(1995年から日本ヒューレット・パッカード)を設立し、国内で電子機器などの事業を始めた。こうした経緯もあり、横河レンタ・リースの販売事業では日本ヒューレット・パッカードのプラチナパートナーとしてHPE製品の販売を継続して手掛けている。

続きを読む

サイボウズ ガルーンの障害対策 3つの冗長構成パターン

こんにちは、プリセールス担当の石坂です。

サイボウズ社のグループウェア「Garoon」(ガルーン)を当社LifeKeeper で保護する仕組みである「Generic ARK for Cybozu Garoon」(Linux版)の最新版をリリースいたしました。今回はこれを機にLifeKeeperを使ってどのようにGaroonの障害対策ができるのか?を改めてご紹介させていただきます。

続きを読む

近日公開!多くの共有ストレージをサポートする事を可能に。『Any Storage計画』

こんにちは、サイオステクノロジー プロダクト開発部 宇野です。

 最近のLifeKeeper for Linuxでは、ほとんどの共有ストレージをサポート可能とすることを目標に掲げて、プランニングし開発計画を進めています。LifeKeeper for Linuxは共有ストレージに対してSCSI Reservation(スカジーリザベーション)を標準IO Fencing(アイオーフェンシング)機能として採用してきました。しかし、SCSI Reservationはストレージの種類によっては、期待した通りの動作とならないといったケースがあります。そのためそれぞれのストレージとLifeKeeperの組み合わせでテストを行い、正常に動作することが確認できたもののみを「認定済みストレージ」としてサポートしてまいりました。

 ただし、私達としても市場に存在する全てのストレージをテストすることはできず、結果的に動作確認が行われていないストレージ(未サポートストレージ)が存在してしまいます。そのため、ストレージの機能に依存しない、どのようなストレージであってもサポート可能なIO Fencing機能の導入を目指しています。この計画を私たちは“Any Storage”と呼んでいます。本記事では、これまでのフェンシング機能の紹介と、今後のストレージを使用したIO Fencingの展望についてご紹介いたします。

続きを読む