LifeKeeper/DataKeeper

LifeKeeper動作確認済HCIの環境が増えます

こんにちは、サイオステクノロジーでLifeKeeperのプリセールスを担当している國政(くにまさ)です。いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

近年インフラ周りで導入が増えてきたHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)環境ですが、当社では過日Nutanix(ニュータニックス)上でのLifeKeeper及びSingle Server Protectionの動作検証をパートナー様と共同で実施し、検証レポートの公開を行っております。

参照先:LifeKeeper for Linux on Nutanix 動作検証レポート(PDFファイル)

続きを読む

ルートテーブルシナリオの実際の構築手順(LifeKeeperの設定編)

はじめに

みなさんこんにちは。東日本担当のプリセールスの西下(にしした)です。

前回のブログ記事ではAmazon EC2向けのLinux版のLifeKeeperによるHAクラスター構成の1つの「ルートテーブルシナリオ」の準備としてAWS側の設定手順をご紹介し、インスタンスを作成し踏み台のWindowsサーバーの接続の手順まで進めました。

今回はいよいよLifeKeeperの導入および設定手順をご紹介します。できるだけ最小限の手順で構成しました。

実際の構築手順(AWSの設定編)

・ 実際の構築手順(LifeKeeperの設定編) ←今回

・ 実際の構築手順(保護対象のソフトウェアの設定編)

続きを読む

ルートテーブルシナリオの実際の構築手順(AWSの設定編)

AmazonEC2構成

はじめに

みなさんこんにちは。東日本担当のプリセールスの西下(にしした)です。

前回のブログではAmazon EC2向けのLinux版のLifeKeeperによるHAクラスター構成の1つの「ルートテーブルシナリオ」の仕組みをご紹介しました。今回からは実際の構築手順を3回に分けてご紹介します。できるだけ最小限の手順で構成しました。

・ 実際の構築手順(AWSの設定編) ←今回

・ 実際の構築手順(LifeKeeperの設定編)

・ 実際の構築手順(保護対象のソフトウェアの設定編)

続きを読む

Quick Service Protection(以下 QSP)を利用して、SQL Server 2017 on Linux リソースを作成してみた。

125

こんにちは。
相澤です。LifeKeeperの評価検証業務を担当しております。

Microsoftより、2017年10月2日にSQL Server 2017 がリリースされ、「Linux OS」や「Dockerコンテナ」等の機能が、サポート対象として追加されました。
今回は、QSPを用いて、SQL Server 2017 on Linux のリソース作成を実施してみたので、簡単とはなりますがご紹介します。

続きを読む

QSP か GenericARK 二つの選択肢

選択の悩み

こんにちは、プリセールスを担当しております國政と申します。
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

今さらながらですがHAクラスターの役割と言えば、「ホストの監視」と「アプリケーションの保護」が主な役割になるかと思います。その中でも「アプリケーションの保護」部分においては当社でもできる限り簡単に構築ができるように専用のスクリプト集「Application Recovery Kit」を多く取り揃えHAクラスター構築の敷居を下げています。

>>HAクラスターシステムとは?

しかし、そのスクリプト集(ARKと呼びます)は多くのアプリケーションに対応しているとは言え、中にはARKの準備されていない物もやはりあります。今回はそんなARKラインナップにないアプリケーションをLifeKeeperでHAクラスター構成にする時に利用できる方式をご紹介いたします。

続きを読む