データベースと可用性

レプリケーションとは?バックアップと何が違う?

すべての企業において、ビジネスのITシステム依存が高まりつつある今日。障害発生に備えた冗長化で、システム自体の可用性を高めつつデータロストを回避する手段として、レプリケーションを導入する企業が増えています。複製(レプリカ)の作成を意味するレプリケーションですが、古くからあるバックアップとは何が違うのか?

メリットやデメリットのほか、効率的に冗長化を実現する方法などについて解説します。

続きを読む

ITシステムの冗長化、その目的とは?

「冗長」とは元々、文章表現などが長たらしくむだのある“望ましくない”状態を指す言葉ですが、ITの世界ではまったく反対に“望ましい”状態を指す表現となります。

では、ITシステムにおける冗長(冗長化)とは、どういう意味でしょう?なぜ冗長化が必要なのでしょうか?

続きを読む

12cから19cへ Oracleユーザーを悩ます3つの課題とは

こんにちは、プロダクト開発部 宇野です。

みなさん、DBMSは普段から何を利用されていますでしょうか。SQL Server、MySQL、MariaDBなど、いろいろあると思いますが、2019年に弊社で行った以下アンケート結果では、OracleとSQL Serverを利用されている方が多いことが分かりました。弊社のHAクラスタソフトウェアである、LifeKeeperのオプションとして提供しているApplication Recovery Kit(以下、ARK)でも、OracleのARKは非常に人気の高いオプション製品です。

 

続きを読む

【Oracle DBをご利用中の方へ】Oracle 19c関連のお問い合わせについて

こんにちは、プリセールスを担当しております國政です。いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

LifeKeeperは多くのソフトウェアの冗長構成をサポートしておりますが、その中でもデータベース関連のHAクラスター化の要件が非常に多くあります。

データベースをHAクラスター化してきた実績の多いLifeKeeperですが、最近多くのお問い合わせを頂いておりますのが、タイトルにある通り「Oracle 19cの対応時期はいつでしょう?」など19c関連のご質問となっております。 続きを読む

PostgreSQL Streaming Replicationの運用を一段階引き上げる方法

こんにちは、LifeKeeperのプリセールスを担当しております國政です。
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。 

先月のデータベースの可用性の考え方のブログで少し触れましたが、今回はPostgreSQLのもつ機能であるStreaming Replicationをより良く使う為にHAクラスターと連携する事で得られるメリットを中心に考えてみましょう。

 

続きを読む