データベースと可用性

SQL Server を「Microsoft Azure」上に移行する際の課題と方法。そしてAzure上でのデータベースの可用性をさらに高めるLifeKeeper/DataKeeper

data-platform-of-microsft

「SQL Server 2008/R2」および「Windows Server 2008/R2」はまもなく延長サポート終了を迎えます。
「SQL Server 2008/R2」は 2019 年 7 月 9 日に延長サポート終了、「Windows Server 2008/R2」は 2020 年 1 月 14 日に延長サポート終了となります。古いサーバー環境では、目まぐるしく変わるビジネス環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できない恐れがあります。
一般的にサーバーの移行には、計画から本番運用まで約 2 年間を要すると言われていますので、まだ移行計画を策定していない場合は、急ぎの対応が必要です。

今回は、SQL Server を「Microsoft Azure」上に移行する際の課題と方法とAzure上でのデータベースの可用性をさらに高めるLifeKeeper/DataKeeperについてご紹介いたします。

>>Microsoft Azure上での更なる可用性の向上

続きを読む

SQL Server環境で高可用性を実現する 7つのポイント

3pettern-windows-ha-structure

SQL Serverの高可用性を実現するなら、SQL Serverの機能であるAlwaysOn Availability Group(以後、AlwaysOn 可用性グループ)、またはAlwaysOn Failover Cluster Instance(以後、AlwaysOn FCI)のいずれかの利用を検討することになるでしょう。

さらに、AlwaysOn FCIを使用する場合には、サイオスのレプリケーション・ソフトウェア DataKeeper Cluster Edition(以後、DKCE)と組み合わせることで、更に多様な機能・コスト面でのニーズに対応することができるようになります。

ここでは、3つの構成パターンを、7つのポイントで比較していきます。ニーズに合わせた方法をご検討ください。

続きを読む

SQL Server 2016時代のSANLess Clustersの価値とは? 〜制約無くシンプルで、コストパフォーマンスの高いSQL Serverの冗長化手法〜

4つのパターン

昨年、「SQL Server環境で高可用性を実現する7つのポイント」と題した記事で、SQL ServerのEditionごとに異なる可用性の考え方を7つのポイントで比較してご紹介しました。
今回は、SQL Server 2016からStandard Edition でも「Always On可用性グループ(AG)」機能が利用できるようになった事によりSIOSの「SANLess Clusters」の利用価値を改めて考えてみたいと思います。

続きを読む

オンプレミスの基幹データベースを、AWSへの移行を成功させるポイントとは?

CTCーMr.takahashi

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズクラウド技術課 課長
髙橋達矢氏

自社のシステムをクラウドへ移行する企業が増加する中、移行作業の効率化やクラウド上での可用性の確保を求める声が高まっています。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、オンプレミス環境からアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)へのデータベース移行と冗長化を支援すべく、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」を提供しています。

今回は、同社流通・EPビジネス企画室 クラウドインテグレーションビジネス推進部 エンタープライズクラウド技術課課長の髙橋達矢氏、同主任の古川英一氏に、「データベース移行ソリューション for AWS」と「データベース冗長化ソリューション for AWS」の特長と優位性についてお話をうかがいました。

続きを読む