DRBDのマルチノード(最大4台まで)

    「DRBDとは?」に続き、DRBDのノード構成について解説します。

     

    マルチノード

    DRBDは2台によるミラーリングだけではなく最大4台まで同時にレプリケーションすることが可能です。この場合でも全てのノードのHDD(パーティション)に同じデータがリアルタイムに書き込まれます。

    3ノード構成

    DRBDの基本構成で組まれた2台のサーバのDRBDデバイスを、さらにDRBDを使用してミラーリングする構成になります。この上位のDRBDデバイスを「スタックデバイス」と呼びます。3ノード目は主に遠隔地でのバックアップとして活用されることが多く、図のように基本構成部分はローカルネットワークを使用し、3ノード目はWANを越えた遠隔地に設置することができます。

    4ノード構成

    3ノードの遠隔地側(3ノード目)をさらにDRBDでミラーリングすることにより、最大4台のレプリケーションが可能となります。

    SNSでもご購読できます。