DRBDの基本構成

    「DRBDとは?」に続き、DRBDの基本構成について解説します。

     

    構成概要

    DRBDの基本構成は、2台のサーバ間でハードディスク(パーティション)の複製する環境です。2台のサーバ間は、DRBD専用に用意したネットワークカードを使い、LANケーブルで直結させます。DRBDでミラーリングされたデバイスは通常のHDDと同様に扱うことができるため、DRBDデバイス(/dev/drbd0)にファイルシステムを作成してマウントします。

    DRBDデバイスの管理は、管理ツールで全て行い、接続の制御やデバイスのステータスの制御を行います。管理コマンドについては技術情報ページを御覧ください。

    ハードウェア構成

    • サーバ2台
    • ミラーリングに使用するネットワークカード
    • LANケーブル(直結用)
    • ハードディスク(空きパーティション)

    ソフトウェア構成

    • Linux系 OS
    • DRBDカーネルモジュール
    • DRBDユーティリティ群(管理ツール)

    SNSでもご購読できます。